--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-30(Thu)

けん引一種一回目 不合格

午後はけん引試験。



あわよくば一度で合格したいところだ。



やはり難関は方向変換だった。



しかも今まで練習したことのない左方向。



ミラーで車体は見えるがタイヤが見えない。



角度付け、押し方はほぼ完璧にイメージ通り。



だが曲がるのが少し早かった…



あとすこしずれてれば綺麗に入るラインだが、やや脱輪・衝突ラインへ寄ってしまった。



体勢を立て直すのは不可能。



あえなく方向変換で玉砕。



絵に書いたような結果となった。無念。



次は来週木曜日。
スポンサーサイト
2006-11-30(Thu)

大型二種一回目 不合格

話しにならないと言った感じ。



電源を入れる右下のメインスイッチを知らなかった。



発射時にサイドブレーキわからず引いたまま発進。



始めのV字鋭角で脱輪、接輪。



ギアが固い。



こりゃ練習しなきゃ全く歯が立たないわ。



次は来週火曜日。



終わり際、試験員に



「なんでもチャレンジすることはよい事だよ」



と言われたのが物凄く励みになりました。



今までは、



「また君か。免許はおもちゃじゃねぇよ。」



と言った感じで目を付けられてましたが、普通二種と大型持った事で、いたずらじゃないと思ってくれたようです。



普通二種免許は自動車学校でもハバが効きます。



教習原簿に「普通二種」と書かれた時から指導員の態度は変わりました。



自動車学校はDQNが多いから、指導員もそういう対応に慣れて、話し方もガキ相手みたいな感じでしたが、二種免許になると自分達の仲間みたいなもんになりますから。



大型二種取れたら完璧なのに道は遠そうです。



大型二種は試験直前の月曜夕方に一時間だけ練習の時間を確保できました。



安全運転研修所の人
「一度に三つもやるの!?(大特、けん引、バス)まぁいいけど…」



午後はこれからけん引試験。



初めてだけど、なんとか一つでも減らしてやるぜ!
2006-11-30(Thu)

俺のケータイ、一度っきり

先日、携帯電話の充電器を刺す部分の「フタ」がゆるゆるになって今にも取れかかったので、ソフトバンクショップで相談してきました。



「最短三日預かって630円で直すことも出来ますが、接着剤でその部分をつけるだけでも直りますよ」



と教えてもらったので、アロンアルファを買ってきて実践してみました。



見事、くっついてゆらゆらはしなくなりました。



ガチッとはまってスッキリ。



これで取れる心配はありません。




そう、心配はない。




本体ごとひっついてもう開かなくなってしまったからな!




充電できねぇ!



今度はぶっ壊すしかないか?



そういや、この機種を27ヶ月間使い続ける拘束中だったな・・・。



あと26ヶ月と1日。



2年ちょいの間、いまの電池が切れないように眠らせておくか。
2006-11-29(Wed)

印刷三昧

ひたすら写真を印刷している。



インクボトルは12本ほど無くなった。用紙はL判で900枚ほどか。



360枚収納のアルバムを3冊ほど購入。



2000枚撮ってきた北海道の写真を選んで印刷しているが、選ぶ作業だけでも大変だ。



印刷は無人作業。



印刷セットして教習や買い物やジムに向かい、帰ってきたときには



「インク切れとるぞゴルァ!」

「用紙ねーぞゴルァ!」




のどちらかのメッセージが出ているので、補給してまた出かける。




選別作業も一大事、印刷作業も一大事、アルバムに収納も一大事、アルバムのインデックス付けも一大事。



インデックスつけないと似たような写真はわけわからん。



撮るときは「これだ!」と思ってシャッター切るのに、本当にいい写真となると100枚に1枚くらいですね。



おもしろい写真なら10枚に1枚くらい混ざってますけど。




自分の撮影能力くらいでは、L判プリントでの表現には限界があります。




だからA4などにして無理矢理主張するような写真が多いんです。




フォトレタッチでもしようかと思ったけど、これは選別作業より遙かに大変な作業になるので諦めます。




それでも、なかなかいい思い出アルバムが仕上がりました。





バイクの教習は1段階の見きわめが終わり、2段階目。


1段階目の終わりからそうなのだが、特殊事情が多すぎて、相当計画的に行かないと予約がしづらい。



1段階目の7時限目から

7 シミュレータ予約(別予約)
8 オートマ車予約(別予約)
9 1段階目みきわめ

2段階目の1時限目から

1 シミュレータ(別予約)
2 混合コース予約(別予約) ←イマココ!
3 シミュレータ(別予約)
4 技能教習
5 シミュレータ(学科と併せ2時間連続で別予約)
6 技能教習
7 技能教習
8 見きわめ


毎週水曜日 卒業検定


この「別予約」は一日に1時間か2時間しかなく、行わない日もあり、さらに定員3名までという非常に取りづらい予約。



しつこく確認しながら、計画たてて朝一番で眠い声で予約を入れていくが、補習や都合が悪くてキャンセルしてしまうと、次からどん詰まりになってしまう。



明日は午前大型2種試験と午後けん引試験。その後で技能教習。



午後けん引き不合格なら間に合うが、合格したら間に合わないスケジュール。



試験受付13:30
試験開始14:00くらい
合格発表15:00(不合格ならここで解散)
教習予約15:35
免許交付15:40(合格してたら)



技能教習一つ間に合わないと、次のシミュレータも無理で、予定大幅変更。なにせ翌日は抗ガン剤の日だから、午前と午後一は乗れない。午後2がシミュレータ予約。



「すんませーん!いちおー技能合格したんっすけど、時間の都合ですぐでかけなきゃいけなくて、また後日交付でもよろしいですかね、それか4時50分くらいであれば今日中に・・・ゴネゴネゴネゴネ。」



と、こういうことは合格してから悩むことにしよう。




大型2種とけん引、どっちも欲しい!



けど、両方1回目だしまず玉砕だろうな・・・。



スタートラインに立つだけ立ってきます。



バスの運転楽しみ~♪
2006-11-28(Tue)

ソフトバンク

私だけでしょうか。



ソフトバンクのロゴの「〓」の部分は、




何か他社の絵文字を入れたつもりだったんだと思う。





私だけ・・・




CMのキャメロン・ディアスは



着信ボイスを録音してるのだと思う。




そこ、圏外ですよ。




私だけ・・・



プランとか社名とか、「三千通り考えて」から選ぶのが好きな孫社長は、



髪型も三千通りから選んだのだと思う。


2006-11-28(Tue)

太陽を見よう。

「ひので」搭載可視光・磁場望遠鏡の初期成果

自然科学研究機構 国立天文台
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
米国航空宇宙局

http://hinode.nao.ac.jp/news/061127PressConference/


太陽観測の可視光望遠鏡「ひので」でとらえられた太陽の写真、さらにはなんと動画まで掲載されております。



これまでこんな鮮明な写真は見たことありませんでした。



「ムー」「Newton」のCGよりも鮮明でダイナミックな画像と映像に驚きです。



これまでも大気に影響を受けない「ハッブル宇宙望遠鏡」などが遙か遠くの銀河観測で活躍していたのに、意外にも「太陽」の可視光写真はなかったようです。





GLAYの富山公演、チケットが完売とあってオークションじゃ値が高い!


http://search5.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=GLAY&auccat=2084039811&alocale=0jp&acc=jp


よさげな席は4万超えてる。


普通の席でも3万近く行ってる。


せっかく行くならいい席で見たいし、後ろの方で見えないくらいならDVDになるのを待ってた方がいいのだがなぁ。



普段なら、真ん中より後ろの席は定価くらいでやりとりされているのに。


チケット掲示板からも全くレスがない。


売ってる人すらいない。



誰も手に入らないようだ。



ファンクラブ優先席は一体どうやって管理しているのだろう。



10口とか20口入ってチケット大量に手に入れて、「一番いい席」だけ自分が使って、残りは売りさばくような事やってる奴をなんとかできないのか。


同じIDや同じ文面のオークション、掲示板で何枚も売ってるのを見かけると、一人で何枚も手に入るような仕組みを作ってしまってるのではないか。


優先枠とか既得枠を作るくらいなら普通に優先なしで売ればいいのに、なんでそんな枠を作る必要があるのかわからん。



事務所独立で著作権がらみの大変な裁判を抱えてて、今後活動されるのか、既存の楽曲が使えるのか微妙な状況で、これが最後かもしれないのに。



今回はさすがに無理かな?
2006-11-27(Mon)

普通2種免許取得

今日も朝の8:30に目が覚めた。



最近は朝起きて夜眠る生活が出来ている。



昼寝さえしなければこの規則正しい生活リズムが守られるのだが。



その代わり食事は野菜が遠のいてしまっている。



移動しているとついつい外食の誘惑に駆られて、スーパーで買ってあった物も忘れて外で食べて、冷蔵庫の中で賞味期限が切れてゆく。



そんな日々です。




いつものように朝一でバイク教習の予約を入れ、起きるような寝るような時間を過ごす。



最高の時間だ。



仕事している人にケンカ売ってるような時間だ。



こうした時間が過ごせるのも今のうちだけ。



3月からはどうせまたいつもの退屈な生活に戻ってしまうのだから。




10時には民事訴訟法の講義をはじめる。



講義を聴いているときは何でもわかる気がするが、過去問に歯が立たない。


過去問を解いて正答率100%近くになるようにしなければ、合格はないらしい。



やはり厳しい道だ。



マイペースを崩さずに5年くらい続ける覚悟しなければ受からないだろう。



10年以上やってるベテラン勢だってたくさんいる世界である。



長期休暇のうちにひたすら勉強だけに専念するという方法も考えられるが、大学時代同様に時間がもったいないと思ってしまう自分には「専念」はできない。



長期休暇が今しかないと思えば、ゆとりの生活や旅行、免許の取得など色々な体験をしたい。




平素から1週間や2週間くらいは普通に連休がとれる環境であれば、こんな余裕のない考え方にはならないのだが、北欧や欧州と違ってこの国の組織人はゆとりの生活が嫌いらしい。



勤勉を美徳とし、働かざる事を怠惰とみなして悪とする風潮もある。



「安住=拘束」であり常に縛られていなければ気が済まないようである。



「人と違うことをしたら怒られるぞ」の世界。



誰も怒る人間などいないのに、誰かが怒ると考えて足並みを揃えるしか出来なくなった人々。誰しも始めはそうではなかったはずなのに。



何事にも縛られるのが大嫌いで、人と同じ事をするのがもっと嫌いな俺には、そう長くは耐えられない環境である。



5年経っても、仕事に就く前と考え方は変わらないな・・・。



いかなる経験も無駄になるとは思わないが、残念ながら人生の時間は有限である。



現代人の生活から、人生はせいぜい50年と考えるのが妥当(すでに強制徴収された年金返せ!)。



その後のために縛られてもいい時間は5年程度だと思っていたが、病気でお金も消え、拘束時間はもう少し長く、人生はもう少し短くなりそうだ。それはそれで構わない。



せめて今のゆとりある「限られた時間」を満喫したい。



絶対に何らかの形で自由業への道を切り開いてみせたいと、そこはかとなく思う。



みんなもっと大らかに生きていけばいいじゃないか。


遅刻したっていいじゃないか。おねぼーしたっていいじゃないか。


そこから8時間仕事すれば一緒じゃないか。



パシリでもいいじゃないか。


金さえもらえれば一緒じゃないか。



人生の究極のゴールは可処分所得で月20万円超の不労所得。


贅沢しようと思ってないからそれ以上は必要ない。
(これが一番贅沢なのだが。)





ししゃもを焼いて食べてから雨の中出かけた。



今日は免許センターに免許証をもらいに行く日。



試験もないから、写真撮って1,650円を払ってそのまま交付。



「普ニ」が追加されました。



今はAT限定なので、条件に



「普通車の旅客車はAT車に限る」


と書かれております。





ご当地検定、難しすぎる。


繰り返し試験すると同じ問題が多く出てくるから何とかなるけど、初めてやるときは全くわからない。



出題役のババァにペンを突き刺してやりたいくらいムカツク。



15問やって正解0という時もあった。(4択問題がメインなのに・・・)


カルシウム取らなきゃいかんかも。牛乳に相談だ。
2006-11-26(Sun)

DSトレーニング

ニンテンドーDSソフトを3つほど購入してみました。

Image122.jpg



漢字検定(安い方)
お料理ナビ
ご当地検定


「漢字検定」ソフトは2社で似たソフトを出しているようですね(よく見ないと違いがわからないけど)。



これまで続けてきた「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」、今月で終わりにしようと思います。


130日近く毎日続けて来たんだし、もう十分でしょう。



グラフを見てもあまり成長しているとは感じなかった・・・

Image125.jpg



これなんて心電図?



さて、新しいソフトを試してみよう。


「ご当地検定」から。



方言、料理、菓子、名物、駅、高速道路、神社、名所など、いろいろな分野から出題されます。



地元付近では初級は何とかクリアできましたが、中級ではいずれも一度ではクリアできず。



しかし、北海道だけは一度で上級まで全てクリアできました!


正直、難しい問題も多いです。



「石川県小松市で行われる祭の名前を書け」

「おた○まつり」


「く」を入れたら腐。



「日本人検定」では、これらの全国版+全国区クイズ。



「小麦の生産の多い都道府県三つを選べ」


とかでるとわけわかめ。



地元以外だともうお手上げ状態かな(総合旅行業務取扱管理者談)。



毎日やってみたいと思います。



「漢字検定」

10級の問題で間違え、9級の問題で不合格になりました!(2級所持者)


誤認識が原因ですけど。


2級もクリアして、準一級に挑戦。



一問も読めず書けずでした!



前から思っていましたが、漢字検定は2級(高校卒業程度)と準一級、一級のレベルの差が大きすぎます。


次の漢字を書け。答えは知らぬ。


「イガグリ」も内から割れる
「サッソウ」と登場した
時代の「チョウジ」
暮れ「ナズ」む町




まぁ、先日の暴君ハバネロ大学入試よりは簡単であろうが。
2006-11-26(Sun)

フォトシアンボンビー

いい加減に9月の北海道の写真と沖縄の写真を印刷しようと、プリンタの設定を行ってみた。



以前、たくさんまとめて落札したインクも、気がつけば予備の無い色が出始めている。



使っているプリンタはCANONのPIXUS 9900i、8色独立インクタンクの品。




5年ほど前から独立インクタンクのプリンタを使用しているが、これらは果たして本当に以前のプリンタに比べてコストパフォーマンスがよいのだろうか。


以前のプリンタは「黒+カラー」の2種類のタンクだった。



もちろん、価格は商品によって異なるが、黒は一つ千円以下、カラーで2~3千円と言ったところであった。



それが今や、CANONのBCI-6シリーズでは一本840円、BCI-7シリーズでは1,100円もする。




8色揃えたら前者で6,720円、後者では8,800円にもなる。




旧式のプリンタに比べて割高感が強いのは、一本あたりの価格が高いからであろう。



「一つの色が無くなったとき、無くなった色だけを交換できる」



という銘文で独立インクタンク機種が普及してきたが、一つの色の単価が高くなってしまっては、消費者にとって何のメリットもないのではないか。


また、色ごとに消費する速度が段違いに異なる。



写真を印刷しているとき、フォトマゼンダやフォトシアンはあっという間に無くなり、イエローやブラックはそこそこ持つが早くなくなる。



その代わり、マゼンダやシアンはほとんど無くならないし、グリーン・レッドなど使ってるのかどうかもわからないくらい減らない。



写真ばかりを印刷する俺は、フォトマゼンダとフォトシアンは5本単位で購入しておかなければならない、フォトマゼンダボンビーである。



このように、消費する速度が全く異なるので、「○色セット」なんていうメーカー純正バリューパックが利用しづらい。



となると、コストを抑えるためには純正ではなくサードパーティ製のインクタンクを使うか、詰め替えインクに挑戦するかどちらかとなる。




詰め替えインクに挑戦していた頃は、よくインクをこぼしたり、強い力で穴を開けるときに周りのものを傷つけたりした。



手袋が付属していたりするが、カーペットやキーボードにこぼれると何の意味もない。



カートリッジに入れすぎてこぼれることも日常茶飯事。



そもそもメーカーは詰め替えなど想定して作っていないので、詰め替えインクの説明書通りの規定量を入れただけでも、インク排出口からこぼれてでてくるのだ。


これがなかなか止まらなくて困る。そこら中インクだらけになる。



さらに、プリンタの中でこぼれ出してプリンタ内部を汚したこともある。


きちんと詰め替えても写真に縞模様が入ったり、インクがうまく出ずに特定の色だけ抜けていたり、血液が青くなったりと、ろくな事がなかった。



高価なフォトペーパーやプリンタの犠牲を考えると、詰め替えインクよりきちんとしたインクタンクを購入した方が割安と思われる。



こうして、「安物買いの銭失い」の教訓を学生時代に得たので、それ以来はメーカー純正インクタンクしか使用してなかったが、今日初めてサードパーティ製のインクタンクを一つ購入してみた。



すぐに支障がでるとは思えないが、果たしてうまく印刷し続ける事ができるだろうか。



捨てる機会を1年くらい伺ってた大量の使用済みインクタンク、百満ボルトでは新品購入に際して一つ20円で買い取ってくれました。



とりあえず箱に入る24個だけ全部渡して、480円引きでインクを三つ買いました。



捨てるのに困るゴミだと思っていたのに、最期に意外な役に立ってもらえました。
2006-11-25(Sat)

けん引練習2時間

けん引車の練習を2時間ほどしてきました。


今日はいよいよ後退からスタート。



やり方は本やwebサイトでいろいろと調べて、文字で覚えていったのですが、実際にやってみるとはっきり言って難しい。



真っ直ぐに後退する事すら難しい。



路面のわずかな凸凹でタイヤが取られ、右か左に後ろのトレーラーが偏っていきます。



こうなったら、「偏った方向」にハンドルを切るしかない。



それも、微妙なバランスを取りながら、ハンドルを少しずつ切る。


1時間目は一度偏った車体を再度平行にすることは出来ませんでした。



休憩中、「あれは習得するのに早い人で5時間はかかる」なんて言われたけど、そんなにかけてられません!



2時間目は意地でもマスターしようとなりふり構わず下がり続けました。


法規走行もなし。片手ハンドルで下がり続ける。



少ししたらコツがわかりました。



ミラー見てると余計わからなくなるので、目で直接見ます。



「前のトラクタのおしりで押し出すような感じ。」



と、コツをつかんでから初めて本に書いてあった言葉の意味がわかりました。



本を読むだけでは全くつかめませんよ、こりゃ。




後退のコツを掴んだら、いよいよ免許試験最大の課題である方向変換。



けん引の場合は、他の車種と違って車庫内でトラクタとトレーラーを平行にして、ニュートラル&ハンドブレーキで一旦停車しなければなりません。



初めのうちは入る気配すらありませんでしたが、最後の挑戦では綺麗に入りました。



とにかく、けん引試験では方向変換さえ出来れば受かったようなもの。


試験でうまくできるか不安です・・・。



試験のためのメモ

車庫側は1mくらいあけて平行に進入する。
方向変換の道路終点ギリギリまで前進する。
まず「車庫の逆側」にハンドルを切る。
折れ曲がってよい角度の限界を覚えておく。
ハンドルを右に、左に調整しながら車庫に入る。
入り口には出来るだけギリギリに寄せるように入っていかないと、調整で逆に寄ってしまう。
角度つけるときは車庫の逆、左前輪脱輪か折れすぎになりそうなら車庫側にハンドル切る。

方向変換以外も気を抜くな!
ギア、速度(直線は4速で50km/h近く)、横断歩道、右左折、踏切、信号etc・・・
2006-11-24(Fri)

普通2種取得時講習二日目

今日は普通2種取得時講習の二日目。



午前中に講義2時間、午後に実技4時間だが、実際には時間が余る。



時間が余るくらいならやらなけりゃいいのに。



講師の指導員も何を話して時間を潰せばいいのか困ってるくらいで、私事を話してました。



そもそも、なんでこんな講習があるかというと、タクシーやバスの運転手は24時間人のいるところにいるから、社会的要請として応急救護措置ができるとよいとの理由だそうです。



だったら無料で講習しろよ・・・。



内容は人工呼吸や心臓マッサージ、止血方法などの重傷病者の取り扱い。


除細動機(AED)は最近駅や空港、イオングループの施設によく設置されてますが、あんなもん怖くて一般人には使えませんよ!



実際に痙攣してピクピクしてる人とか、心臓止まってる人にあの機械をつけてスイッチ入れたら、なんかトドメを刺してしまいそうで。



一般人が受ける講習ですら「電極が高価だ」という理由で実演しないのですから。



実際には使えそうにないです。



とにかく、無事に講義を終えて、終了証明書を頂きました。



後はこれを免許センターに提出すれば普通2種免許がもらえます。
2006-11-23(Thu)

誕生日祝い

欲しかったporterのカバンをいただきました。


どうもありがとう。


いいカバンライフが送れそうです。


吉田カバンは少々値が張りますがどれも品質がいいですね。


軽くて持ちやすいし、素材もいいし。




お礼にキングボンビーを差し上げました。
2006-11-22(Wed)

暴大入試

http://boukun.jp/boudai


誰かこの入試突破してみれ!



第一問で1万連打して腕がつりそう・・・。


9000超えるころには・・・?
2006-11-22(Wed)

2種免許取得時講習

今日は昨日合格した普通2種免許のための取得時講習第1日目。


1時間目 シミュレーション(危険予測)
2時間目 身体障害者への配慮実習
3時間目 シミュレーション(夜間走行)
4時間目 シミュレーション(実走行)
5時間目 路上走行講習
6時間目 ディスカッション(雑談)


メンバーは二人。


もう一人の受験票を見ると、なんと2回で合格してる!



六回も受けた自分が恥ずかしい気分になるが、受かれば何でもよし!




シミュレーターによる疑似走行体験は本当におもしろい!



しかも、昔に比べると随分とリアルになってます。



歩行者も対向車も前の車も、降りた乗客も呼び止める乗客も、死に急いでいるように車に向かって突進してきます。

後ろからはバイクが巻き込まれるために飛び出るタイミングを狙ってます。


「歩行者」が空気中からポップ(出現)したり、歩道を真っ直ぐ走ってた自転車が直角に曲がって車の前につっこんできたり、ずっと後ろを走ってたバイクが曲がるタイミングでわざと突っ込んできたりします。



世代が変わっても、家からボールがポーンと飛び出て子供が続いて走ってくる「黄金律」もきちんと踏襲されていて嬉しかったですね。



目の前の車が突然追突して対向車線はみ出るくらいにはじけ飛んでも、対向車と後ろをよく見て走行(事故車完全無視!)するという設定はいかがなものだろう?



自殺志願者(当たり屋?)だらけとわかった町を走るのに、普通のスピードではいけない。


のろのろ走って全部よけました。



対向車線にパトカーが走っていったけど、80km/hくらいで走ったり信号無視したらやっぱり追いかけてくるのかな?



もう一人の2回で受かった人、佐川急便のドライバーを辞めて来たばかりらしいです。



佐川急便では、免許センター以上に厳しい安全指導を行っていて、自動車学校の人が見習えというくらいに正確です。


横断歩道は人が歩いていなくても止まれということで。


路上走行では文句なくパーフェクトな運転を見せていただきました。



それでも1回合格はならないんですね・・・。


最後のディスカッションの時間、中国はキチガイだとか北朝鮮は氏ねとかいう話をした後(どんな講習だ・・・)、タコツボという技を余興でやりました。


狭い袋小路をポールで作って、その中で一回転して出てこようというもの。


なかなか難しいもんです。
2006-11-21(Tue)

普通二種6回目 合格!

六回目にして普通二種免許(AT限定)に合格しました!


今日のコースは縦列駐車。


縦列駐車は慣れない車で左後方がよく見えないので、完全に入らなくてもいいから脱輪だけはしないように心がけました。


一度切り返して(もちろん周囲の確認)、ギリギリ入ったかどうかの場所で停めると、試験員が「ちょっと待ってね」と車を降りて確認。


「微妙に出てるからもう少し入って下さい。」


と言われ、二回目の切り返し。


今度は「はい、いいですよ。」と言われ、試験は続けられました。


切り返しは二回まで。それ以上入らないと試験中止)



鋭角V字は慣れたもので難なくクリア。

(もちろん、入るときも曲がるときも、下がるときも再度曲がるときも、行く方向を目視確認しないとダメです!)


そのまま即路上へ。



右左折も進路安全確認、進路変更と曲がる合図を区別、歩行者とは距離をあける、歩行者がたくさんいたら徐行、横断歩道は全部確認、停車位置は停車禁止場所に注意、ハンドブレーキは確実に引く、制限速度はギリギリまで出す、信号は無理しない。展開は一度左端に停車(ハンドブレーキはなし)してから、後方、前方安全確認しながら一度で回る



とにかく、今回は路上走行には自信があったので、一つのミスもしないつもりで走りました。



ところが、高速道路入り口付近でスピードを上げたところで、


「じゃ、次曲がって適当な場所で停めてください。試験は中止します。」


と言われてしまった。


「何故だ!何が悪かったのだ!なぜ中止なのだ!一度も減点されてないじゃないか!」


免許センターまで帰ることが出来ず、なぜ終了(=不合格)なのかと考えた。


今回のコースはやけに長く感じたが、最後高速道路の手前で一撃必殺・制限速度を誤ったかとも思った。


今日は絶対合格する自信があった。


これでダメなら悔しすぎるが、黙々と免許センターまでの長い道を試験員が運転して帰った。



試験員が運転している途中、金属片を踏みつけた音がして、試験員が大慌てしてた。


「なんだなんだ!?何にも見えなかったぞ!あんたなんか見えたか!?」



なんで不合格にされたかわからず、むしゃくしゃしてた俺は、




<発した声>
「いやぁ、なんか針金みたいな金属片が落ちてましたよ。後ろからだから何だったかわかりませんでしたけど。」




<心の声>
「てめぇ、人のケチばっかつけてすぐ減点しやがって!

一回6,650円もする試験を簡単に落とすんじゃねぇ!!

てめぇだってよく安全確認できてなかったんじゃねーかよ!

てめぇこそ試験員中止だこの野郎!」



細々と言ってあげました。




試験員は模範的な運転を義務づけられてます。


そこで、6回も落ちた俺はただ落ちるだけじゃなく、試験前と試験後の試験員の運転を真似して確認のポイントと首の振り方、タイミングなどを覚えていったんです。


彼らは常に受験生を落とすような確認しているから、逆に彼らの運転は模範として受験生に見られています。(下手くそが他人にケチをつけることは出来ませんから。)



だから、運転するときは100点満点の走行をします。


まるでロボットです。


そのロボットが明らかにミスして金属片踏んで、慌てている。




ブザマね。 m9(^Д^)プギャー!!



免許センターに到着すると、何も言わずロビーで待つように指示されました。


中止されたから間違いなく不合格だと思っていたけど、今までと違ってすぐには呼ばれず、中で何か作業をしている様子が見えました。


何が悪かったか聞いてやろうと考えてるときに呼ばれました。




「はい、合格です。」



「!?」

「素晴らしい運転でした。途中歩行者が多くいて、渡るか渡らないかの素振りしたときは私がブレーキを踏もうかとも思いましたが、よくブレーキ踏めましたね。これからも今日のような安全運転を心がけてください。」



試験中止と言われ、絶対に落ちたと思ったのに受かってました!


力の抜けた俺は


「いやぁ、試験中止言われたから落ちたと思いましたよ~。何が悪かったのかなぁって考えてました」



試験員
中止なんて言ってませんよ。終了でしたよ。」




中止=不合格、終了=合格の可能性もあるから、試験中に全く違う言葉を聞き間違えるはずがない。


この人は明らかに言い間違えてましたよ。

でもそんなこと、今となってはどうでもいいで~す♪


一生もんのプロ免許を手に入れた(まだ早い)嬉しさと、今後続く試験に備えて口答えはしません。


ただでさえ複数種類の免許受験してて目をつけられてますから(公安当局「職員」にね)。


後は、今後の取得時講習の説明を受けました。


幸い、近くの自動車学校が明日と祝日はさんで翌日に取得時講習を行っていたので、二日間の予約をお願いしました。


普通もしくは大型2種免許を取得するには、学科試験と技能試験合格後、自動車学校で月に一度くらいやってる「取得時講習」を受けないといけません。


それは2種の場合、普通旅客車講習(1日目6時間)、応急救護処置講習(2日目6時間)、費用27,600円と、たいそうな物なのです。


おかげで、その日のバイクの教習所予約はほぼキャンセル。


嬉しい予定変更ですね。


火曜に技能合格して、水曜と金曜に朝7:30発で6時間の講習後、休日はさんで月曜に免許交付となれば、理想的な最短取得日程となります。



さて、これで来週から大型2種の挑戦がはじまるお!


あ、ちなみに午後の大型特殊1種技能試験2回目は、コース完走できたから前回より遙かに進歩したけど、「ふらつくね。」「横断歩道よくみなきゃ」と言われて不合格でした。合掌。
2006-11-20(Mon)

石敢當(いしがんとう)

今日は那覇市を散策してきました。


沖縄モノレール「ゆいレール」一日周遊券を使っての移動です。



この一日周遊券、値段は600円だけど、首里城や玉陵などの世界遺産の入場料も割引になって大変お得です。



モノレール「首里駅」を降りた後、バスで首里城へ向かい、かの有名な二千円札に描かれている「守礼門」を通り、本殿開門の儀式を見てから首里の街並みをずっと見物。



修学旅行生や団体客に囲まれ、何人ものガイドが後ろで解説していきます。


ガイドごとに説明の仕方が異なっていておもしろかったですね。



周辺の観光客や高校生の会話をじっと聞いているのも楽しいもんです。



世界遺産「首里城」を出ると、訪れる人は少ないがもう一つの世界遺産「玉陵(タマウドゥン」があります。


首里城と違って華麗さはないですが、カンボジアのアンコールワットやタイのアユタヤ遺跡を思わせるような荘厳な暮陵です。



「首里城」は何千人も訪れるのに、こっちの玉陵を訪れる人は数人でした・・・。



すぐ隣なのに、退屈なのでしょうか。



その後は国内なのに外国扱いのブランド免税店「DFS」にて鞄を物色。



ビジネスバッグやスーツが欲しいのですが、値段はやや高め。値段表示すらないものも多数あります。



普段は高値の華である高級時計や財布などの装備も、「持ってみて初めてわかるよさ」があります。



機能的には数千円のものと同じかもしれない。



けれど、よいものは手に入れて嬉しいし、ずっと記憶に残るもの。



満足感は持った者にしかわからない心地よさです。



高級品をいくつもジャラジャラ持ってる人にはわからないかもしれませんが。



その後は天気も晴れ、しばらく国際通りを散策。



沖縄には、至る所に「石敢當」という文字の書かれた石板がおかれています。


始めは表札か何かかと思ってたけど、あまりにあちこちにあるので調べてみたら、魔除けの言葉だそうで、悪霊が入ってくると言われる道路の角や交差点に「石敢當」という文字を刻んだ石版を置いているそうです。


とっても不思議な文化に触れた気がしました。




食事も終えて那覇空港から岐路に。



沖縄は午後六時でも明るいですが、こちらは五時前には暗い。


なんだか時間を損した気分です。



そして、四日ぶりに雪国へ帰ってきました。Tシャツ一枚で!



寒い!!



沖縄では普通でも、こちらでは明らかに季節外れな格好でした。




旅の疲れを癒すために、帰りに温泉へ寄って温まってきました。


風呂場でおっちゃんが泡吹いて倒れて救急車呼ぶ騒動に立ち会って、のんびり温泉気分とは行きませんでしたが…。


一命は取りとめたようでよかったです。


泡吹いて全身痙攣して意識不明でぶっ倒れた人に対する救命措置を実践する場が突然訪れると何をしてよいのやら。ただ気持ちが慌てるだけ。


救急車呼んで、三兆候(脈拍、呼吸、瞳孔)を調べて、後は下手に動かさない、を実践ですが、見てるだけって感じ。


全身痙攣ってことは、酒飲んで風呂入って心臓に発作が起こったんでしょうね。意識なくても反射的に心臓押さえてたし。


脳の血管が少しキレたのかもしれん。



去年、酒飲んだの忘れて温泉入って、それに近い経験したことありますが何か?


病院様御一行ツアーの一員だったから、周り医者だらけで安心して意識とばしましたが何か?
2006-11-20(Mon)

那覇の夜

20061120023005
これなんて独居房?

「高級安宿ステラリゾート」に宿泊です…

那覇空港から「ユイレール」で国際通りへ。

夜も遅いのに土産物屋や飲食店が賑やかに営業してました。

タイのプーケットを思い出させる光景です。

土産を色々物色し、ホテル独居房、じゃなかったステラリゾートへ戻りました。

那覇の夜はもっと時間があると楽しかったかも。
2006-11-19(Sun)

石垣島にて。

20061119235222
透明な水の川平湾のビーチ

今日は朝から雨のぱらつく天気だったので、宿の人(と犬▼o・ェ・o▼)と一緒にギターの練習とかしてダラダラと宿で過ごしていた。

天気が悪いから連泊組も何人かでたが、波照間に行く人がいたので、10:30に車でレンタカー屋まで乗せていってもらった。

雨は上がったが、曇っていたので、石垣島鍾乳洞、民俗博物館など回った。

鍾乳洞、観光用とは言えネオンやLEDで派手に演出するのもいかがなものかと。

もうクリスマスかぁ、って気分が洞窟の中でも味わえます。

年中。

民俗博物館は古い八重山の生活を再現する小さな村。

マングローブの森を散策できるのはいいのですが、散策路を真ん中まで歩いた所で「ハブに注意」の看板はやめてください!!

引き返すにも進むにもガクガクブルブル。

そうこうしているうちに晴れて来たので、山に登り「エメラルドの海が見える展望台」へ移動。

たまたま大学教授二人が展望台で景色について会話しているのを横で聞いた。

まるで観光案内だ。

ここからは西表島、久米島、黒島など、八重山諸島が見えたようだ。

北の方が天気よさげだったので、北の「川平」へ。

とっても綺麗な青空と海を眺め、八重山そばを頂いて、グラスボートで珊瑚の海の見学ができました。

様々な熱帯魚が湾内に泳いでいましたが、どうやら観光用に飼い馴らされている様子。

ボートのエンジン音に反応して動いてるそうです。

前進と後退の音も聞き分けるとか。

シャコ貝も観光用にセットしたらしい…。

湾中の魚を飼い馴らすとは、さすがリアル海人のやることは違うぜ!!

川平から米原ビーチ(よねはらというらしい)を通り、 玉取崎展望台に立ち寄り、島内を一周しました。

時間と言うものを忘れて生活していても、飛行機だけは遅れるわけにはいきません。

最後は慌ただしくなったけど、でっかい石垣牛の1パウンドステーキを早食いしてバスに乗り込み、空港に向かいました。

ステーキ、空港行きバスの発車まで時計を睨みながら推定残り口数と噛数を考えながら一分一秒を惜しんで食べた…。

フードファイトって感じです。

石垣島は人も車ものんびりしていて、よいところです。
2006-11-18(Sat)

石垣島へ

琉球エアコミューター機で波照間から石垣へ。

Image084.jpg

まるで田舎の駅のような「波照間空港」


楽しみにしていたのは、


「電源が入ってるか怪しいセキュリティゲート」


デジカメ・携帯・サイフ、ベルトと、金属が入ってるものフル装備でくぐってみました!


「ピピー。」


をを!音が鳴った!


一応作動してたんだ!


でも、コンセントがすぐに抜けそうな場所にありましたが・・・

Image092.jpg

ラジカセと一緒にタコ足配線でコンセントが入ってる「セキュリティゲート」


Image093.jpg

9人乗り飛行機「アイランダー」。
運が良ければ(9人乗客がいれば)機長の隣に座れるらしいが行きも帰りも機長の後ろの席だった。



機長の操作が全て見られるのが嬉しい。

低空飛行で、プロペラ機ならではの迫力もある。

Image094.jpg

プロペラ機から見た海。



石垣島について、バスターミナル駅行きのバスに乗り、昨日波照間で聞いた宿「風香」に連絡したら、すぐに迎えに来てくれた。


バストイレつき、洗濯も自転車も無料で一泊1500円。

とても綺麗な建物で、清潔感もあり、女性にも安心して泊まれる安宿だが、今日のメンツは男10人だった。



日が沈むまで時間があったので、自転車を借りて石垣の町をサイクリングしてみた。


今日は沖縄県知事選挙一色の町ですが、旅人に噂の「そば屋」を発見。


その名も「トニーそば」


どのくらい胡散臭いかと言うと・・・

Image095.jpg

「やきそば」じゃなくて「やぎそば」


中は「トニー」のポスターだらけ。宿でもないのに「旅人の情報交換帳」がどっさりとおいてある。


おっちゃんと話をしていると、探偵ナイトスクープなどのテレビ番組によく出演していたようだ。


それは確かに怪しい!

Image096.jpg


300円で食べられる良心的なお店ですが、味はとても美味しかったですお。
http://kyujitu.hp.infoseek.co.jp/soba/ishigaki-tony/tony.htm

グーグル検索結果


食べ終わると、おっちゃんと一時間くらい話をしました。


北海道の話になり、礼文島の話になり・・・


あの「桃岩荘」に泊まった連中がそのままこのそば屋に来る事が多いらしい!



やっぱりな・・・


同じ匂いがしたんだよな。


日本の最北端と最南端の違いはあれど、桃岩の連中がここにも集まるとは・・・。


美味しいそばを食べて、話も弾んですっかり暗くなったので宿に戻ります。


Image098.jpg

石垣島の夕陽
2006-11-18(Sat)

波照間島での一日

日本の最南端、波照間島で朝を迎えた。


昨日は流れ星も見えるほどのいい天気。


朝起きて、日の昇った方角にある「日本最南端の碑」にまた向かいました。


Image074.jpg



昨日よりずっといい天気。

暑い!


自転車でサトウキビ畑と牧場の続く道を早朝サイクリングしているうちに、島を半周してしまった。


自転車で周るにはちょうどよい大きさの島だが、少々アップダウンがあり、レンタサイクルにはギアもないから、ちょいつらい。


「波照間島をサイクリングしてるんだぁ。」



と思うと、ちょっと感動。去年から来たかったからなぁ。



小一時間のサイクリングを終え、宿に戻ってのんびりしていると、民宿の子供がどこか出かけたいと言い出したので、一緒に海に連れて行く(連れて行ってもらう?)ことにした。


小学2年生と自転車ツーリング。


島民だけあって道には詳しい。


そして、海に着いてシュノーケリングの開始ですお。


こんな綺麗な海です!

Image077.jpg


Image078.jpg

波照間島の「西浜」

サンゴの白い砂とサンゴ礁の海をのんびりシュノーケリングするが、子供かまってやらないと退屈そう。


遠投競争したりしてかまってやるが、ガキのやりだす事、言い出すことは滅茶苦茶。


2時間くらい泳いで人も増えてきたので、民宿に戻る事にした。



波照間唯一のお土産屋で土産を買って、ガキにコーラを買ってあげました。


お昼近くになるともう暑い暑い!



民宿でのんびりとガキと話して、沖縄の「三線」の演奏にトライ。


あれ、適当にひいてるだけで音楽に聞こえまつね!



午後は一人でサイクリング。島を一周しました。


とにかく山羊が多い。いたるところから「メェ~」と聞こえてきます。


ボケッと山羊や牛を眺めてると、時間を経つのも忘れます。



どれだけ食べれば満足するのだろう。ずっと草食べてる。


その姿の愛らしいこと。


特に牛は大きい体で舌を使って上手に草を食べるから、迫力もある。


波照間小学校(兼中学校)には、敷地内に島で唯一の信号つき横断歩道があったそうだが、なくなっていた。


交通標識が「止まれ」「40km制限」くらいしかないので、標識や信号に慣れないと島を出てから困るからだそうだ。


今は標識の一覧表に変わってました。


Image089.jpg

「飲むなら乗るな」の強力バージョン


ガキのお守りとサイクリングで相当汗をかいたので、シャワーを浴びて石垣島へ向かいます。
2006-11-17(Fri)

日本最南端!

20061117232100
日本最南端の碑です!

最北端の碑に比べると質素ですが、人も少なく、ヤギに囲まれていました。

波照間島ではサトウキビ畑ばかりの道にヤギやら牛やら突然現れます。

ちなみにやわらか銀行(SOFTBANK)ケータイ、3Gは使えるが2Gは圏外みたいです。

でもケータイからのFC2ブログの更新は一度に写真が一枚しか送れないみたいだ。

旅の達人が集まったゲストハウスNAMI、個室でシャワーもあり、新しくて大変清潔。

これで2500円とは、大満足な宿です。

談笑での結論。

ガイドブックに乗っている場所はあまり面白くない。観覧車とかいらない。ネタを皆で探して共有しようとのことでした。

やはりどこに行ってもネタ探しの旅になるようです。
2006-11-17(Fri)

日本の最南端、波照間島

hateruma3.jpg
日本の最南端、波照間島へやってきました。


本当の最南端は沖の鳥島という、海面が少し上昇すれば消えてしまいそうな岩礁、いや領土なんだけど。



曇りの予報でしたが、日本最南端、波照間島は晴れています。
 
 
 
那覇空港の職員と航空マニアの隠れ家・職員食堂でソーキそばを食べました。
 

豚肉入りでこれがうまい!
 
 
那覇空港で小一時間過ごし、石垣島へ。
 
 
沖縄そばを食べ、今度は波照間島へ。
 
 
 


hateruma13.jpg
波照間島への飛行機は九人乗りのプロペラ機、アイランダー。



hateruma8.jpg
全席指定。




体重測定して、客のバランスを整えて座席を決めます。

飛行機は両横の重心バランスもさることながら、前後の重心バランスも極めて重要。


hateruma6.jpg
機内はタクシーみたいな感じです。
ちょっと音はうるさいけど、マイクとか使いません。
フライトインフォメーションが肉声なのは新鮮です。



プロペラ機に乗るのは初めて。
ふわっと浮く感じが楽しかった。




hateruma9.jpg
八重山の島々を眼下に眺めながら20分間のフライトを終え、着陸したのは波照間空港。



hateruma10.jpg
どうみても田舎の駅舎なのですがw



hateruma11.jpg
金属探知機なんて、たこ足配線でつながれてる上、誰もいない。形だけ。
一応きちんど動作するみたい。





hateruma4.jpg
最果ての僻地ってなんか神秘的だよね。



hateruma2.jpg
一面に広がるサトウキビ畑をみると、北海道を思い出す・・・。美瑛ポテトの丘。






Image071.jpg

こっちの方が南か!?


日本最南端の碑を訪れた後、ニシ浜へ。
 
 

hateruma12.jpg

これはグレートバリアリーフよりプーケットより綺麗だと思った。
 
 

宿に戻ると夕食。
 
 


hateruma5.jpg
ここ「ゲストハウスNAMI」は波照間唯一の豆腐屋らしく、おっちゃんがさっき釣って来た魚と「ゆし豆腐」がメニューだった。
 
 
今日のメンツは四人。
沖縄は16回目だと言う達人と、三週間八重山に滞在してる鉄人(両方とも女の子)、それに世界中を回って宿の取材をしてると言うフリーカメラマンの兄ちゃん。
 
 
旅の達人揃いだ!こゆい! 
 

もう沖縄ならなんでも知っているような会話でずっと話をしていた。
 
 
北海道のライダーハウスみたいな雰囲気ね。
 
 
おかげでいろんな情報が手に入った。
 
 
沖縄の面白いお勧め宿やカメラのテクニック、マチュピチュの行き方まで…。
 
 
ご飯おわり、談笑も飽きて来たところで、皆で星空を見に街灯のない場所まで歩いた。
 
 
星空の島と言うだけあって、ものすごく沢山の星を見ることが出来ました。
 
流れ星もたくさん見ました。 
 


When you wish upon a star...Do request...


隣から「カネカネカネ」と声が…。
 
 
この「ゲストハウスNAMI」はネットの口コミ通りアットホームで優しい家族と旅の達人が集まるお勧めの宿でした。



Image070.jpg

ヤフオクで売ると数万円になるという波照間限定日本酒「泡波」
2006-11-16(Thu)

自動2輪教習

バイク教習おもしろい!




昨日はドカタの格好をして、ただ発進してクッションに体当たりする練習だったが、今日は外周を回った。


(昨日の教習はコントの収録じゃないですよ!)



外周周りは快調快調!


風を切って走るバイクは原付とは全く違う心地よさ!


どっしりとした安定感とスピード。


常にフルスロットルの原付と違って、本当に少しの回転でしっかり走る。


気持ちよくスピードが出せそうだ。


寒い季節に入ってはくるが、軍手が守ってくれる。


雪だろうが水たまりだろうが、ゴム長だから安心だ。


(底に穴の開いているトラップブーツもあったが。)


外周の教習は快適に終わって、2時間目はコースの練習。


コースとなると、さすがにまだ難しい。


信号でいきなり止められたり、右左折や進路変更が入ってくる。


とっさの停止がまだ慣れていないのだ。


悪い癖として、体の重心が右にあって、停止時に右足を付こうとしたり、原付の軽いノリの癖でブレーキを2本指くらいで握ったり。


2時限目の指導員のおっちゃんの皮肉が何度も飛んできた。


「君は指がいらないのかい?指が飛んでいったら必ずつながるとは限らないよ。」

「指がとれたらいい外科医紹介するよ。私のことを兄貴と呼んでくる医者だ。弟だけどね。」

「もしこの学校にずっといたいという思いがあれば、そういう握り方していてもいいよ。」

「停止時に右足が付くって事は、右でブレーキ踏んでないと自ら証明するような物だよ。」

「停止線の前で停まらないと。線を引き直してもいいけど大変だよ。」



こんな感じで色々言われるのだが、不思議とこのおっちゃんに言われても全然腹が立たない。

普通ならカチキレそうな言葉なのに、優しく笑顔でサラッと言うのだ。

ちゃんと見てくれてるし教えてくれるし。


トレーラーの初練習の時のオッサンにはマジでキレかけたが、このおっちゃんに言われるとむしろお互い笑いたくなる。不思議な優しい空気だった。


気持ちよく教習を終えて、停車して降りたら、そのままバイクが倒れてしまった。


「検定の時は降りた後でもバイク倒れたら不合格だよ。竜巻が来て飛んでいっても不合格だよ。」


昨日習ったとおり、ゆっくり起こして元に戻しました。


「色々言われたし、補習付くかなぁ」


と思って帰り際に原簿を確認したら、補習なしできちんとクリアしていました。



やっぱいいおっちゃんだ。



「キャンセル待ち」で乗ってきたのですが、意外と乗れるものです。

乗れないときは不動産登記法を見ながら時間つぶしてました。

こちらも意外と集中できるかも!?


次週火曜日からはきちんと「朝一電話」で予約入れます。


(普通2種と大型特殊の後だから、時間遅くなるなぁ・・・)
2006-11-16(Thu)

大型1種免許取得

誕生日に大型免許を取得しました。


朝9:30受付、適性検査をやって、あとは卒業証書を高らかと掲げ、「学科免除」「技能免除」。


毎週通っているので、係員に


「あんたまたか?暇だね?」


なんて言われた。


余計なお世話だ!

暇だよヒマ! 

国家の犬め!

働いたら負けなんだ!

ν速VIPにもそう書いてある。だから間違いない!!


neet.jpg



免許センターには普通2種と大型特殊しかまだ通っていないが、もう顔は皆知っている。


さらにけん引の予約までしたから、なんかいやな顔で見られてる気がする。


今日受ける予定だったけん引免許は、シミュレータですら車庫入れができなかったのでやめることにしました。


来週末に車庫入れを何度も練習してから受けます。


今は試験を大型特殊と普通2種に絞ります。



新しく交付された免許に「大型」と加わりました。


免許ネタ第1号が自分への誕生日プレゼントとなりました。
2006-11-16(Thu)

☆27歳誕生日♪

今日で27歳となりました。


刻々と時が過ぎていくのを感じてしまいます。


職場も変わり病気になりニートになり、死生観や時間の考え方も変わりました。


時間は有限で貴重な物。いい加減にやりたいことのために一歩踏み出さなければならないと決意した年でもありました。


法律家を目指す。18歳から思いは変わらないが、実践できていたかと言うと全くだめ。仕事始める少し前から勉強し始めたくらいです。



仕事があると時間の使い方が難しくなる。



仕事は人生を補助する物であるのに、生活の多くを占めるようになり、やりたいことも厳しく制限されるとなると捨てざるを得ません。



30歳までにやりたいこと、山ほどあります。



世間体は全く気にならないので、30歳と区切りをつける理由はないのですが、「人生」という「時間」が限られている事を考えれば、やりたいことを人生のスケジュール帳に記載していかないと、結局動けず、後悔だけの人生になってしまいそう。



起業したい。独立したい。法律を身につけたい。世界中を2年くらいで旅したい。金が欲しい。海外で生活したい。時間が欲しい。外国語たくさん身につけたい。世界のあらゆる事を見たい。知りたい。

になりたい。

あらゆる束縛から解放され、誰からも指図されずに生きたい。


「遊びたい」と思ってるわけじゃない。

「したいことをする=遊び」

と考える社会通念は完全に否定します。


「遊び=何もしないこと」ではないかな。これが贅沢にも通じる。

「無駄なことができることが贅沢(無駄=贅沢)」です。

ファイナルファンタジーやって時間を無駄に過ごすことが、「贅沢」なのですお。



人生はたった一度、一つしかないのだから、自分のやりたい事は少しでも実行したいですね。


それにしても試練が多いなぁ。

まずは稼ぎのいいトレーラーの運転手にでもなって短期間に軍資金を集めるか。



こうして、なにもせずに歳を重ねるごとに、少しずつやわらか頭になってきて、一つ、また一つとやりたいことが消えていくんです。


行動自体が面倒くさくなってくるものなんです。


どうせあと10年もすれば結婚でもして、職場でも家庭でもうだつの上がらない、どこにでもあるような毎日くだらん妥協人生を送ってるような気がするんです。

そのままもう10年もして何もしたいことできぬままストレス重ねて死んでいくんです。


ストレスで死ぬくらいなら子供を殺す気持ちもよくわかるような希ガス・・・

危ない!!


殺すくらいなら子供作るな!
育てる自信がないなら子供作るな!
とにかく殺すな!虐待するな!捨てるな!諦めるな!
世のバカ親ども!せめて中学卒業くらいまでは責任もって面倒みれ!
それ以降なら捨ててもいいが殺すな!
人を殺す者は自分が死んで当然である!
ただ死んで終わる物ではない!
唯一神、又吉祥一が地獄の火の海に投げ込まれるべきである!



人生50年。もう半分以上は過ぎた。残りの時間いかに自分の満足行くように過ごすか。


誕生日がくるごとに歳を感じ、時間の貴重さを再認識する年頃です。


自分では喜ばしいとかおめでたいとかいう感じはないですが、祝っていただけるのは大変うれしく思いますお( ^ω^)。



やわらかニートの心は一つ♪
株やりたい♪
悠々自適に暮らしたい♪
ヒルズにオフィスを構えたい♪


本当はイスラエル、いやアメリカ行ってそういう新しい自分とビジネスを探してくるつもりだったのになぁ・・・。

パブロンめ!!


むむむ、何やら天から声が聞こえたぞ!?


そうか、俺がエル=カンターレだったのか!!


生誕27周年の今日ついに気づきました。9次元にでも行きます。
2006-11-15(Wed)

☆祝・卒業☆

大型教習を終え、無事自動車学校を卒業しました。


入校(10月16日)から約1ヶ月での卒業(11月15日)。


卒業検定は場内コースだけの簡単なもの。


免許センターの鬼のような減点方式とはまるで雰囲気が違いました。



一人だけの受験だったので、合格発表はしばらく待った後、直接呼ばれて告られました。



拍子抜けするくらい簡単に卒業検定を終え、副学長から卒業証書を個室で渡してもらいました。





18歳のころ、初めて「普通免許」を取得したときの卒業検定を思い出しました。


あのとき、受験者は17人。


俺の受験番号は1番でした。


これは今でも覚えています。


なぜかって?



合格発表がおもしろすぎて忘れられないからです。



全員の検定が終わり、検定員が最終チェックを終えるまで小一時間、受験生は部屋で合格発表を待たされました。


ドキドキしているうちに指導員がやってきて、話を始めました。

「では、合格者を発表します。呼ばれた方はここに残ってください。」


「2番、3番、4番、5番、6番、7番・・・・・17番。以上です。お疲れ様でした。」



「呼ばれなかった方は退室して下さい。」


一番前に座っていた俺が、まるで北朝鮮国連大使のごとく颯爽と一人退場した光景を覚えています。



落ちたことより状況がおもしろすぎて笑っていましたから。



(その後、「補修が2回付くから再検定料と併せて16,000円かかります」と言われた時に初めて落ち込みました。)




それまでは補修もなくストレートに卒業検定まで行ったのに、検定中にどっちが本線かわからなかった分岐路の左車線から右方向へ進もうとしてブレーキを踏まれたのです。


(おのれ!上諸江上丁交差点め!今でも通るたびに思い出すぞ!)


あの時は「検定中止」とか「減点項目」なんて全く意識もなく、どうせ全員無条件に受からせるもんだと思ってタカをくくって合格発表を待っていましたね・・・。






8年の時を経て、大型教習を卒業し、副校長に書面の確認と今後の説明をされました。


色々な免許をねらっていると言うことで、「是非がんばってください」とねぎらっていただきました。



免許試験連敗中で凹んでいるときに、指導員からのねぎらいはうれしく思いました。




そして・・・






即・再入学!





今度は普通自動二輪に挑戦です!



本来は4時から入校手続とあったので、待つ覚悟していたところ、卒業直後ということからか、即入学手続きをしてくれました。


通常78,000円のところ、5万円ポッキリで入校。


普通自動二輪は免許センターで一発で受かっても、試験料4,400円の他、17,000円払ってその後講習を受けなければならないのですが、教習所だとそれが不要です。


装備貸出もあるし(買えば高い!)、5万円で17回乗れるなら上達もできるし、費用的にもおトク。


デビットカードで即支払い。



これで、免許センターで連敗記録更新することもないでしょう。

(補修という可能性はあるかもしれんが・・・)


教習原簿の色も変わり、大型教習生からバイク教習生へ変身!



て、キャンセル待ちですぐに一回目の教習を受けてきました。



普通の服装で、教習に必要とされるヘルメット・グローブ・バイク用ブーツは当然持ってなかったのですが、すべて貸してくれると言われたので、そのままの格好でコースに向かいました。



で、気さくな指導員に


「まず装備をしましょう。あちらにありますので、合う物を選んで下さい。」

と言われ、そちらをみるとそこには・・・



革マル派が着用してるような×印入りヘルメット(安全╋第一)



ぼろぼろに穴の開いた軍手!





そして



ゴム長!!




これなんてドカタ!?



「装備貸出」とはあったが、このまま建築現場にいけそうな格好でバイク教習するとは思わなかった・・・。


教習生がみんな揃うとまるで住宅建設現場の打ち合わせみたいだ。



装備の衝撃より、実際のバイクは大変そうだった。



何せ重い。



原付ライダー歴1年ほどあるが、その比ではない。



スタンドの立て方、倒れたときの起こし方から練習して、次に発進の練習。


昔、先輩に駐車場で何度か乗せてもらった事があったので、何となく操作は覚えている。


スロットルはちょっと回すだけでタコメーターがレッドゾーン近くに突入する。微妙に回すしかない。ブレーキもよく効く。


回数を重ねて慣れていくしかなさそうです。


これからの季節、穴の開いた軍手では寒そうですが、また楽しみが増えました。



バイクの免許とったらやっぱりあれかな。



「ブォンブォンブォンブォン!!」

「ジャマだジャマだー!どけどけーどけどけー!!」

「ひき殺されてーのかバカヤロコノヤローめ!!」

「ソーシキあげてぇのか!コノヤローめ!!」

「免許ばっかとってんじゃねーぞバカヤロコノヤローめ!!」

「コノヤローめ!俺たちどうせハンドルだけなんだから免許なんていらねーんだぞ!!バカヤローめ!!」

「ブォンブォンブォンブォン!!」

2006-11-15(Wed)

JALストライキ情報

ああああああのーあのーあのーあああああのーあのーあのー♪





11月16日ストライキ情報について
 平素より日本航空をご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では、一部の労働組合が年末手当等に関する会社回答を不満として、11月16日(木)にストライキを計画しております。早期解決に全力を尽くしておりますが、万一ストライキが行われた場合には、日本航空(JAL)国内線の一部の便に欠航ならびに遅延が発生することが予想されます。なお、国際線につきましては全便平常運航を予定しております。

ご利用予定のお客さまには、まことにお手数ではございますが、当日お出かけ前にホームページ(www.jal.co.jp)でご確認いただくか、国内線予約センター(0120-25-5971, 6時半-22時)へお問合せくださいますようお願い申し上げます。


https://www.jal.co.jp/strike/info2006_1114.html



また中止か!?



それはそれでネタ的におもしろいかもしれんが、



日付、セーフ!!



対象便、セーフ!!





びっくりさせないでおくれよ、JALさん。ついでにANAさんも。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000085-mai-soci
2006-11-14(Tue)

大型特殊1回目 不合格

大型特殊免許1種。


練習もしたし、試験は免許センター内だけだし、1種だし、絶対に合格するつもりでいた。




何もかも甘かった。



練習してから10日経ってる。



前回の練習時の日記を見ながらイメージトレーニングしていたが、いざ乗ってみると全然イメージと違う。



前の人、なぜかギアを三速のまま渡すし。



で、結局まっすぐ走れませんでした。



直進もフラフラ、右左折もフラフラ。



ギアも2速か3速かわからぬまま走ってました。



方向変換はできたけれど、その後で



「じゃ、もう発着点戻りましょうか。」



「はい・・・」



アドバイスを覚えていないくらいショックでした。


確認が漏れているとかそんなんだったけど、まっすぐ走る事に精一杯で余裕もなく、問題外だったと自分で思います。


「普通2種では確認はよくできていたのに。確認はすべての免許同じだから落ち着いて行ってください。」


と言われたのは覚えています。



次回の予約入れずに、普通2種と大型2種だけに絞ろうかと考えましたが、ネタのためにやってるんだし、やっぱやるだけやらにゃ!



現在免許技能試験6連敗中



落ちるのが普通とはいえ、さすがに凹むorz。



沖縄から帰国後の次週火曜日、普通2種6回目と大型特殊2回目の受験です。



明日は大型の卒業検定。これだけは確実にとりたいと思います。
2006-11-14(Tue)

普通二種五回目 不合格

午前は普通二種。


まず方向変換で、車庫入れる前に車体を傾けた所で減点された。


説明によると、傾けるときは進路変更になるから合図が必要だそうだ。


このやり方は、本に書いてあったとおりなのだが、試験係としてはそういう指導はしていないそうだ。



でも、前回は同じやり方で減点なかったぞ!




どうやら、人によって違うらしい。



路上は難無くこなして完走。


アドバイス
「三回の停車でサイドブレーキ引かなかったよね?これで15点マイナスでした。何故引かなかったの?」



あああああの~。




引く前にあなたが間髪入れずに


「はい、いいですよ、出発して下さい。」


と言ったからでしょうが!!



「確認は全く減点無しでした。素晴らしい優しい運転です。」



「サイドブレーキ引いてたら合格でした。次は大丈夫。頑張ってください。」



普段なら絶対サイドブレーキ引くのに悔しいなぁ!!



次こそ!


来週火曜日!!
2006-11-14(Tue)

世界最大のプラズマテレビ

みよ!


これが世界最大のプラズマテレビ、Panasonic TH-103PZ600 だ!!


Image048.jpg




画面の大きさは103V型!



幅241cm、高さ175cm、重さ200kg!(テレビスタンドを含む)



次に大きいのが65V型だから、圧倒的な存在!



北陸で唯一展示してあるという、百満ボルトにて拝むことができました。



今ならお値段ズバっと!!





Image047.jpg



どどーん!!



598万円!!



仮に、10%ポイントが付いたら・・・



59万8千ポイント!!





それなんてHP?




マイルなら約3万マイル(あんまインパクトないけど地球2周くらい。)



ときめきポイントで(もういい!)



ポイントやクレジットの上限額遙かに超えてますが、百満ボルトさんはよくぞこんなモンスター商品を展示してくれました!



500万円かけて展示して、誰が買うというのでしょうか?



さらに、販売の主戦力となる隣の58V型や50V型のテレビがちっぽけに見えてしまうという、逆効果もあります。



何せ、画面の面積で言えば50V型ですら1/4以下ですからね!




しかし、話題性は文句なく満点でしょう。



さらに、映している映像はなんと、今話題のプレステ3版「リッジレーサー7」。



(予約のみで一般販売はされていないが)PS3の宣伝にも一役買っております。



それにしても、テレビもさることながら、PS3の性能にもなおびっくりさせられました。



103V型の画面で映しても、全くノイズや荒々しさはありません。



むしろ美しさが際だって見えます!




世界最大のテレビの大きさにも負けない解像度。



ハイビジョンゲームがここまで凄いとは思いませんでした。



こりゃ、転売の商材としてニュースにまで取り上げられるはずですわ。



うーむ。テレビも凄い。PS3も凄い。



せっかく買ったうちの65V型のテレビですら、これに比較するとかなり小さく見えるな・・・。




ええい、悔しいからひっくり返してしまえ!!

Image045.jpg

ざまぁみろ!
(写真サイズ大きい(250kB)ので、携帯からだと写真クリックしない方がいいです。阿鼻叫喚の地獄絵図は写っていません。)


記事

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/newstopics/61156073.html
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0607/19/news052.html


このテレビの購入を検討するときには、床面の補強や電源の強化(200V)など、かなりの下準備が必要なようです。


新築一戸建てと一緒に購入するくらいしか無理ですね。


消費電力がエアコン2台以上というのも・・・
プロフィール

kelog

Author:kelog
属性:平壌の虹原を歩くリア充

マチュピチュ with あずにゃん

「ガンと闘う日記」
2006年7月6日、大腸ガンの結腸摘出手術を受けました。当時26歳。
進行度はステージ2(0~4の真ん中)で幸い他臓器転移は無し。
リンパ節への転移もなかったけど、リンパ管の一部からガン細胞が発見されたと病理検査所見あり。

2011年7月16日、無事5年が経ち完治。

kelog2000 Gメール
kelog2008 youtube
kelog2010 twitter
kelog2012 skype
kelogbook facebook
kelog中央放送 Ustream


持ってる資格
第一級アマチュア無線技師
総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者
初級システムアドミニストレータ
危険物取扱者乙種4類
無軌条電車運転免許
モールス電信技能認定1級

11syu2.jpg
運転免許証



本籍(暦) 現在「南鳥島」
北海道紗那郡紗那村大字紗那村字シャナ1番地
北海道択捉郡留別村大字内保村字十五夜萠333番地
北海道根室市水晶島ヲワタラウス1番地
北海道根室市志発島湖島ワッカ1番地
北海道根室市多楽島カカマ1番地
北海道根室市勇留島ポントロモイ1番地
北海道根室市秋勇留島ヲダモイ1番地北海道蘂取郡蘂取村大字蘂取村字ヲワタリ7番地
北海道国後郡留夜別村大字留夜別村字ヒロク濱中アカンコロベ1番地
北海道国後郡泊村大字米戸賀村字オタトミ6番地
北海道色丹郡色丹村字シャコタン7番地
島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地
沖縄県石垣市字登野城2392番地
(↑尖閣諸島・魚釣島)
東京都小笠原村硫黄島
東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地
東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地
東京都小笠原村南鳥島

沖縄県石垣市字登野城2392番地←イマココ!


helogo2.jpg


当サイトはリンクフリーです。
横幅1280px以上。

メインコンテンツ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンク
やる気
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
403位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
19位
アクセスランキングを見る>>
どうしてこうなった
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
♪算数の宿題♪
赤い部分の面積を求めてね♪(1辺=a) わかったらコチラへ♪
POS
\(^o^)/
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
密林。
俺様的今期ランキング
干物妹はうまるちゃん プリズマイリヤ2 のんのんびより りぴーと Working!! アイドルマスターシンデレラガールズ2nd 下ネタという概念のない世界 GATE 奥様は生徒会長 ワカバガール ミス・モノクローム うーさーその日暮らし
アニメログ
これまで見たアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。