--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-29(Fri)

若者たち

君の行く道は~


果てしなく遠い。


だのに なぜ


なにを さがして


君は行くのか


そんなにしてまで。

20060929010128.jpg



http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/wakamonotachi.htm
スポンサーサイト
2006-09-29(Fri)

DS もっと脳トレ

20060929004932.jpg


旅行中も毎日やってました!


自分で自分を褒めてあげたい。


夜眠れず、午前中は気分悪くて、午後は寝てました。


夜はジムに行ってココイチカレーを。


旅行から帰った翌日からダメダメ生活に戻ってるな・・・。



北米旅行に向けて今後は英語漬けに切り替えます。



部屋は土産と衣類でめちゃくちゃ。


2000枚取った写真の整理もやらないといけないな。


また明日以降。
2006-09-28(Thu)

抗ガン剤点滴7回目 楽園から地獄へ

今日は2週間ぶりの抗ガン剤点滴。




事前の血液検査では、2週間休んだのに白血球の数が減ってて、白血球の成分でもバイ菌をやっつける成分が基準値を下回るほど減っているそうだ。



きれいな空気とストレスのない生活は、俺から抵抗力を奪ってしまったのか!?


じわりじわりと以前の抗ガン剤が造血臓器(骨髄)を痛めつけているのか。


本来は骨髄を痛めるからお休みを入れてるのに、休んだら免疫力が低下したとは本末転倒である。



考えてもわからないことは考えないことにして、生活する上で気をつけたらよいことを医者に聞いた。



「風邪をひかないでくださいね。」



ですって。



「ボクはひきましぇーん!!」



風邪なんてひきたくてひくモノでもないし、これまた難しい課題に取り組まねばならないものだ。


とりあえず日頃からうがいと手洗い、寒くないようにして寝る、体を清潔に、だ。



それから北海道で帰り間際に一度だけ尻から血が出たことを話したら、鮮血がペーパーに一度ついたくらいなら問題はないとのことだ。


「切れ痔?」


多分、


20060927235826.jpg



と思うのだが。


てなわけで、今日は白血球が減ってしまったから、これまでより量を少なく、弱めの抗ガン剤点滴となった。


だんだんなんのための治療かわからなくなってきたが、支払いが16,000円と、これまでより5000円安くなったのは嬉しい。
(そういう問題か!?)



変な転移とかしてなければいいな。





そんなことより聞いてくれよ。

今日、牛丼の吉野家行ったんです。吉野家。
牛丼が復活したと聞いたので、早速、家から10kmある吉野家に駆けつけたのに、人がいっぱいで入れないんです。

で、やっと順番が回ってきたと思ったら、なんと牛丼がないんです。

店員に問うたところ、「10月1日から5日間、牛丼祭をやります。」
というんです。

( ゜Д゜)ハァ?
(=゚Д゚=)ホォ?
( `皿´)ゴルァ!

テレビで先週、「牛丼、完全復活です!」と言ってた社長は牛に踏まれて氏ね!

テレビでは牛丼復活の日に、すすきのの吉野家に100人を超える行列が出来てたんです。

そいつら、テレビのインタビューなんて受けて
「吉野家ファンです。心待ちにしてました!」
なんて答えてたんです。

吉野家ファン? お前ら、本当におめでたいな。
低所得者層もしくは社会の底辺の間違いだろが。

とにかく、それを聞いて牛丼復活かと思い、並んで店まで入ったのに、牛丼がないとはなんたることか。

だいたい、吉野家もそれに群がる奴らも甘すぎなんだよ。

まず吉野家。
牛肉輸入停止が決まって出したカレー丼。
初日から10日くらい食ったがなんだあれ?
カレーを丼に入れたのは丼コンプレックスか?
レンゲは用意できても皿がなかったのか?

吉野家には週3回程度しか通っていない俺から言わせて貰えば、最強メニューはやっぱり鮭親子丼。
固いいくらと瓶詰め鮭フレークの乗った丼は、気軽に楽しめるプロの家庭の味。
やっぱこれだね。
それに豚汁。コレ。最強。

カレー丼、牛焼き肉丼、牛すき焼き丼など笑止千万。
牛あるなら牛丼だせ。狂牛丼に拘るな。


で、牛丼復活で群がってる奴ら。
お前ら、「復活」の意味わかってねーな。
いつでも食べられるようになるって事だろうが!
我先に競って吉野家に群がる変態集団は見ていて微笑ましい。
実におめでたい。
お前ら、牛丼が無い間何食ってたんだ?雪国もやしか?

まぁ、牛丼復活に騒いでわざわざ吉野家に群がっていた奴らをみながら、家でミカン食ってた俺は勝ち組なわけでした。








難しい。
あの5年前の吉野家コピペを作った香具師は天才か?
精進します・・・。
2006-09-27(Wed)

AVライフ

DSC00559.jpg




北海道から帰ってきて迎えてくれたのは65V型プラズマテレビだった。


200万画素のフルスペックハイビジョン+5.1chの豪華サラウンドシステム。


超豪華AV環境で志村けんのバカ殿をみる。


志村けんの顔が実物よりでかい!


旅行前には24時間テレビで上島竜兵の熱湯風呂をみた。




これを見るために俺は50万投資したのか。


アイロニカルなシュールさが何とも言えぬ快感。



あとはジャパネットたかたを鑑賞せねば。



今日ヤマダ電機へ行ったら、モデルチェンジのテレビが並んでいたが、値段は98万になっていた。



端子の数が増えて、ビエラリンクという機能が増えた以外、全く性能が変わっていないのに、値段は倍近くになった。



微妙なモデルチェンジで直前に投資をしたのは成功だったと思う。



65V型で46万円で購入(5年保障とテレビ台は別)できるのは、しばらくはモデルチェンジの直前しかないだろう。



てなわけで、豪華なAVライフを満喫しております。




加藤鷹すげーな。
2006-09-27(Wed)

雪国もやし

もやし




これがめちゃくちゃ高いのか?



日本人はいつからそんな貧乏になったのか?



「おい店員。千円やるから棚にあるもやし全部よこせ。苦しゅうない。」



一袋38円ですよ。38円


もうね。アホかと。バカかと。



で、横を見ると、普通のバローもやしは一袋28円なんですよ。



一袋10円高いことをめちゃくちゃ高いと言っておられるのか。



「一杯のかけそば」よりお涙頂戴な物語じゃないですか。



それとも、"はなわ"が貧乏だから個人的に高いと言ってるだけなのか。



しかし、奴は稼いでいる



もやしすら買わないだろう。



結局この10円の差は広告料であり、"はなわ代"であり、一袋10円がはなわの財布に入るのかも知れない。



みんな絶対買うなよ!
2006-09-26(Tue)

帰ってきて・・・

もう半年くらい家にいなかったような、そんな気分です。



総理大臣も変わってるし。


出かけるときは東条英機が総理大臣やってたような。


踊り省とか水がいつの間にかポスト無くなってるし。



郵便物は溜まりまくり。請求書の嵐。



部屋は片付けていたつもりが散らかってるし。


きっと、日常では

「これで十分片付いた」


と思っていても、改めて見てみると


「散らかっている」


と感じるのでしょうな。


これは第三者から見た目と同じかも知れません。




北海道ネタは後日ヒマを使ってやることにしませう。



桃岩荘がyoutubeにありました。(パソコン専用)

最近の特集

一期一会


礼文島を歩いているときにyoutubeの事を知ってる人がいて、キーワード入れたら出てくるよと教えてくれました。

その人はミクシィもやってたみたいです。


次に向かうはカナダ

エアカナダのチケット取っておかないとなぁ。


バンクーバーから時計回りで北米大陸を一周してきます。


北海道の比にならないくらいでっかいゾウ。

ヨーロッパと違って英語で全て通じるのが安心。


最後には英語すら通じない所へ、世界一周に出かけます。





旅は本当にいいもの。

これが全く出来ない人生なら生きてる意味もないと思いますね。

世の中は何故か意味もない人たちが、自らを縛り付けてついでに周りも縛り付ける風潮がある気がします。


せめて毎年1ヶ月は連続した休みが取れるような仕事に就きたい。


そういう仕事はフリーターやるか事業主やるかどっちかしか無いかも。


休みの時間に事業を始めないといけないな。

旅先での出会いでふとそういう道に進む人も多い。

ユースのヘルパーなんてまさにそんな感じ。

(あれは期間限定フリーターと同じだが)


生活して、旅行に使って毎年300万円は安定して手に入る事業・・・。



それこそ民宿やるか農家でもやるか・・・


もしくは一気に3億円くらい稼いで、後は悠々自適に世界中回る生活。


何年も前から同じ夢はあれど現実厳し、ってとこですね。


今の仕事でも病気休暇でも給料もらえるだけ感謝はしないといけないし。


それでも時間は限りがある。金にも限りがある。

人生は一度きり。

現状に妥協してはいかん。

努力してでもやりたいことを成し遂げたい。

自分のために、夢に向かって何か新しいことを考えねば!


やるぞー!!


軽トラ買ってリンゴジュースの配達!うっはー夢がひろがりんぐ!


って、今は元気だが明日からまた抗ガン剤の点滴で死人状態の生活が続くわけでした。

涼しくなったからまだマシかな。
2006-09-26(Tue)

室蘭~直江津~富山~金沢

室蘭港を23:55出港。

北の国も今宵限り。

今夜は船がよく揺れる。

フェリーの浴場のお湯が1/3くらいこぼれてしまうくらい。

夜12時から9時間ほど寝た。


朝日が昇れば起きて、日が沈めば寝るという、規則正しい生活ともおさらばになってしまうのか。


朝になると波は穏やかになり、船は全く揺れなくなったが、直江津に近づくにつれ雨がちらついてきた。


北海道滞在中、まとまった雨は一度もこなかった


帰ってきたとたん、天気がどんよりと迎えてくれる。


いつものことだ。


何でこんな地域に住んでいるのだろうかと常々思う。


直江津港に着くと、やはり天気は雨。


前も見づらいし、国道はカーブだらけ。


能生IC~富山ICまでの98kmを高速で移動することにした。


富山では「めん八」に寄ってラーメンを食べた。


昔と変わらぬ懐かしい味と感じた。うまい。


北海道で撮った写真は約2,000枚。

整理のしようがないな・・・。

おみやげや荷物、衣類で車はごった返していた。


今日の出費(最後)

フェリー代 17,100円
マック 360円
めん八 1,150円
高速代 2,450円

計 21,060円

累計 192,460円

せっかく記録に残してきたので、詳しく見ると、

フェリー代 38,600円(礼文島往復4,400円)
ガソリン代 26,060円(給油7回)
高速道路代 11,050円
交通反則金 12,000円


 交通費計 87,710円【45.5%】

 食料費計 32,800円(14日 一日平均2,342円)【17.0%】

 宿泊費計 34,350円(13泊 一泊平均2,642円)【17.8%】

 土産品計 20,520円【10.6%】

 観光費計  6,580円(入浴料、入場料、参加費、駐車料金等)【3.4%】

  その他 10,500円【5.4%】


   累計 192,460円【100%】


総走行距離 3,655km(1km辺り7.12円、19.9km/㍑)


ヴィッツくんよく頑張って走ってくれました。

リッター20km近くの燃費でタウン走行、山道走行をやってくれました。

交通費が45%を占めてるんですね(特別高速料金=反則金含む)。

帰ってきたとたんヴィッツがリコールだとかニュースになってたけどw


20万円足らずで満足の旅行が出来ました。
2006-09-26(Tue)

積丹~小樽~札幌~登別~室蘭

20060926001613
積丹出発後、余市と言う町に寄った。


来て初めて知ったが、宇宙の町らしい。


温泉等の施設の屋根にスペースシャトルが乗ってる。


「宇宙牛丼」なる店もあったが、門は堅く閉ざされている。



宇宙への夢の扉とは違って、開くことはないだろう。



毛利衛さんの出身地と言うことで、宇宙関連で町興しをしているようです。

それにしても見事な青空!

これだけでも気分が良い。



続いて小樽を観光。

もう3度目だろうか、4度目だろうか忘れたが、今回は車での観光。

町中をぶらついた後、車で山に登って町全体を見下ろせる場所を探した。

天狗山からはあまり見えない。

キロロリゾートへ向かう国道393号線途中にある「毛無山」駐車場からの方がよく見えた。



方角は東に町なので、夕日に染まる町を見ようと暫く待ったが、面倒になって諦めた。



札樽道(国道5号線)で札幌すすきのへ。


ラーメン食べてハッスルハッスル

ラーメンは札幌の昔の大御所「純連」。

「すみれ」と読むのに、カーナビには「じゅんれん」と登録されてました…。




そんなことだろうと思って「じゅんれん」で検索したら当たった…。



カーナビ試しに「自宅へ帰る」を押してみた。



高速「北札幌」~高速「金沢西」


と案内された。

函館へ向かえ、との経路だが、津軽海峡に道路はない。



カーナビ適当だなぁ…。



札幌からは国道36号線と道央自動車道で登別温泉へ。

日帰り湯だが、この辺全体が硫黄の臭いに包まれているのが、温泉地って感じがする。

そこから帰途室蘭へと向かったのでありました。

今日の出費

いくら丼&鮭汁 1,100円
小樽駐車料金 600円
ソフトクリーム&水 400円
ガソリン代 2,200円
高速代 2,000円
ラーメン 850円
ハッスル 10,500円
夜おでん 900円
土産等3,300円
計21,850円

累計 171,400円

帰りたくねぇ…
2006-09-25(Mon)

積丹半島にて

200609251130132
20060925113013
この辺のトンネルって、昔潰れてバスごとあぼ~んしたんじゃなかったかな。

積丹ブルーと呼ばれる海と美しい岬を堪能しております。

道の駅「スペースアップル余市」から国道5号線に曲がった所にある「かきざき商店」。

いくら丼680円など、激安で海鮮丼が楽しめます。

今日はこれから小樽・札幌観光した後で登別温泉へ行った後、室蘭へ向かいます。

のんびりモードですが、そろそろ帰らないと…。

帰る事など忘れてたのに、思い出したら尻から血が出てきました…。
2006-09-25(Mon)

美瑛~富良野~夕張~札幌~小樽~積丹

200609250732232
20060925073223
美瑛の丘を朝7時に出発。

前日ミーティングで教えてもらった順路で回ってみる。

天気は雲一つない快晴。

美瑛の風景はどこを切り取っても絵になる。

あちこち立ち止まって写真を撮りまくった。
たばこのCMに使われている場所が多いようだ。

セブンスターの木
マイルドセブンの丘
ケンとメリーの木
camelの踏切

などなど。

ヒマワリも咲いてた。

美瑛の市街地に寄ってみると、大変経済的に潤っているようで、三角屋根で統一されてた。

途中から道に迷ってわからなくなったので、美瑛を離れて南の富良野へ。

ラベンダーの季節が終わると富良野って見所ねーな。

風景も美瑛に比べると劣るし、良い風景はもうお腹いっぱい。

最高に贅沢な午前中でした。

でも午後は誤算だらけ。

ニワトリ牧場のオムライスがおいしいと聞いたので、行ってみたら三日間だけ休業しますと言われたし、気付けば行くはずだった層雲峡から離れ過ぎて戻れなくなったし。

一気に積丹岬までに急いで行って夕景を見ようと思ったのに、道の駅で途中で頼んだ牛丼が出てくるまで30分もかかったし、おいしいと噂のソフトクリームも、量産型のガキの行列で30人くらい列んでて食べられなかったし。

高速で夕張~札幌~小樽の距離が100kmちょい越えてて割引にならなかったし…。

結局積丹岬に着いたときには日は暮れてた…。

でも積丹ユースホステルのヘルパーに良い場所教えてもらったので、明日はそこへ行ってみよう。

今日の宿泊は積丹ユースホステルで客は2名だけ。

相部屋で、来月から初めて金沢に転勤らしいので、アパートの話とかしてました…

このおっちゃんより20歳のヘルパーの方が面白かった。

この積丹ユースホステルは、かつては北海道三大バカユースとして名を馳せていたらしいが、最近はメッキリバカが減ったとか。

海に飛び込んで船客を見送ったり、立入禁止のトンネルに皆で夜中に肝試しに行ったりしてたとか。

それもヘルパーの先代バカヘルパーから聞いた武勇伝だそうで。

世の中総じてバカが減って来てる気がするのは、俺だけではないようです。

本来はバカ製造の総本山たる大学ですら、最近はまじめに勉強ばかりしている人が増えたとか。

実に嘆かわしい。

後先ばかり考えてバカが無くなってはならない。

三大バカユースで唯一残った桃岩で、思い起こさせてくれたものはまさにそれだ。

バカになれ!

バカにならねば庶民に幸せなどこないのだ!
人は利口そうな振りして何を目指すのだ?

さらなるバカを求めて旅します。

今日の出費

朝コンビニ 350円
野菜ジュース 200円
昼牛丼 750円
高速代 2,000円
ガソリン代 4,300円
宿泊費 2,900円

計 10,500円

累計 149,550円

総走行距離 3,200km

今日500km近く走ったな…
2006-09-23(Sat)

礼文島~稚内~幌別~名寄~旭川~美瑛

200609232152262
20060923215226
桃岩荘の仲間たちとも最後は稚内で別れ、稚内から久々の車での行動。

う、動く気がしねぇ。

礼文島に渡る前の旅の記憶が桃岩の衝撃で吹っ飛んでしまったようだ。

一ヶ月くらい過ごした感じがして、時間がゆっくりと流れていた。

本来、時間はゆっくり流れているのだ。

仕事などしてるからあっと言う間に年月が流れてしまうのだ。

稚内に着いたが予定もないので、とりあえず南下。

日本海側のオロロンラインは前回通ったので、サロベツ原野の真ん中の道から南下。

豊富駅でそばを食べたが、マズイ。

豊富温泉付近の大規模放牧場レストハウスで、おいしい牛乳が100円で飲み放題と桃岩荘で聞いたので、立ち寄って牛乳を飲む。

100円の牛乳だけじゃ気まずいので、つい牛トロ丼まで頼んでしまった。

お腹いっぱいで牛乳飲めません!!

ぶらついているとトナカイ牧場発見。

たしか昔ポンキッキで紹介していた場所だ。
入場料払って中に入ると、たくさんトナカイがいました。

思ったよりデカイ!

そして餌を求めて人に近づいてくる!

角も大きい!

角に毛が生えてる!

集団で移動する姿は迫力満点!

でも優しい目をして草を食べてました。

フィンランドでトナカイの群れを見たときはちょうど角の生え変わりで、小さい角のトナカイばかりだったから、大きい角のトナカイの群れは初めて見ました。

トナカイ牧場を離れると、ひたすら南に走る。

どこまで行こうかと考えながら、道の駅に立ち寄ってスタンプラリー。

そのうち高速道路があって、割引時間になったので旭川まで来ちゃいました。

道の駅寄った後、北海道で超人気という回転寿司「ちょいす」に寄ってみた。

沢山の行列も、一人だと案外早く座らせてもらえました。

皿は125円と250円の2種類だけ。

カウンターの人は握らず、注文を受けたら奥の厨房に連絡して、ベルトコンベアでカウンターの人に寿司が流れて来る仕組み。

カウンターの人は間違えないように客に渡すだけ。

初めて見る仕組みでした。

食べた後、せっかくなら目的の一つである美瑛まで行ってしまおうと思い、宿泊は美瑛にある「ポテトの丘ユースホステル」に決めた。

昨日までのユースホステルと違ってクラシックオルゴールの流れる気品高いユースホステルで居心地がよい。

客層は家族連れの年配が多い。

昨日と比較すると、

・ミーティング
今日
館内放送で
「近辺観光に興味のある方はお越しください。」

昨日
音楽隊が「さぁミーティング♪パッパパッパ♪」と風呂までやってきて拉致。

・説明
今日
ガイドブックによくある観光スポットの説明

昨日
ウエンナイ(地名)では誰も作物「植えない」!でも「飢えない」!ウエンナイウエナイ!Yearhhhh!!!!!!

・風呂
今日
女風呂と男風呂

昨日
女風呂と混浴風呂

・送迎
今日
自家用マイクロバス

昨日
超豪華ブルーサンダーエース号(幌付き軽トラの荷台)

比較の対象にすることが間違いでした。

今日はゆっくり眠れそう。

今日の出費

ウニ丼 1,000円
トナカイ牧場 500円
そば 600円
牛トロ丼と牛乳 1,000円
高速代 550円
回転寿司 1,250円
宿泊費 3,350円
美瑛風景CD-ROM 2,000円

計9,550円

累計 139,050円

総走行距離 2,730km

だんだん現金無くなってきたねん!ボンビーボンビー!

2006-09-23(Sat)

激アツの桃岩荘

20060923134139
今日は早朝5時(桃岩時間)に起きて、昨日歩いた仲間と共にウニ丼を食べに歩きました。
普段朝5時(日本標準時)からやってるとの事で、40分ほど海岸を歩いて行くと、今日はお休みでした。

でも、11人いたので、隣の家の人がみんなの分作ってくれました。

有り難かったですね。

桃岩荘に帰って、しばらくして出発の儀式。

港までは徒歩で50分。
みんなで歌って踊っていつまでも、見えなくなっても「行ってらっしゃい」の声と歌が聞こえる。

こんな送迎、他のどこであると言うのか。

有り難くて感動で涙しました。

皆で歩いてフェリー乗り場に着くと、また今日も泊まる皆とヘルパーが待ってた。

ここは桃岩荘と違ってたくさんの人がいるが、それでも歌って踊って送ってくれた。

フェリーに乗っても、港に残る人達と一緒に自分達だけ歌って踊ってる。

珍しそうに見ていた他のフェリー客も、いつの間にか一緒に手拍子叩いてる。

来た時も帰るときも、これだけ(自分達にだけ)全力で感動的な送迎をしてくれて、滞在中もみんなで素晴らしい時間を過ごせる場所。
地上の楽園は人生観を変えてくれます。

いつも全てに全力投球。

こんなによい居場所は他に知りません。

暫く本州に行って来て、また絶対帰って来ます。

ありがとう沢山の仲間たち。

ありがとう桃岩荘。

ありがとう礼文島。

旅って本当にいいものです。

2006-09-23(Sat)

愛とロマンの8時間トレッキング

20060923131803
今日は7:20(桃岩時間:日本標準時より30分早い)からトレッキングです。

素晴らしい礼文島の風景の中を歩くのは楽しくて疲れも感じません。
涼しいし晴れてるし最高の日和です。

圧縮弁当(桃岩弁当)食べて頑張りました!
愛情とご飯がギュウギュウに詰まってます。

途中、故障者が出たので、ところどころおぶって歩きました。

夕日の儀式には間に合わなかったけど、皆揃って35kmを歩きました。

お迎えの儀式、感動しました。

愛とロマンは大量に生まれました。

コケコッコー!

疲れはそれほどなかったです。

そういや、旅に出る前はジムで20分歩くだけでバテて息切れしてたな。

こっちにきて体力は完全回復しました。

帰ってからは歌って踊ってイベントやってのミーティング。

男も女もみんな全力です。

羞恥心は棄ててますから。

スタッフは全力疾走。

ギンギンギラギラ夕日が沈む、ギンギンギラギラ陽が沈む~。

頭から踊りと音楽が離れない。

最高にファンキーなスタッフと仲間たちと過ごす最高の時間でした。

礼文島桃岩荘、絶対またくるぞ!

今日の出費

桃岩荘宿泊費 4,050円
桃岩荘トレーナー 2,500円
飲物 450円

計 7,000円

累計 129,050円
2006-09-22(Fri)

桃岩荘

20060922062710
とにかくクレイジーです!

楽しすぎます!

フェリーが着く前から岸で
「おかえりなさーい」
とでかい声で迎えられ、フェリー客は船から
「ただいまー!」

と答えてる。

送迎から超ハイテンションなヘルパー(ユースホステルの人)が迎えてくれる。

まずは、「知性」と「教養」と「羞恥」を捨てる儀式から。

後はもう夕日が沈むのを見ながら皆で合唱。「夕日の儀」

ユースホステルにはよくあるミーティングは、演劇の様に皆で歌って踊って。

秩序はしっかりしていて、誰でも迎え入れてくれる。

飲酒禁止、酔った人も海を見て冷ましてからでないと入れない。

噂に違わず世界一クレイジーなファンキーなユースホステルです。

日本中にファンがいて、毎年きてる人、毎月きてる人、住み込んでる人など様々。

天の川が見えるくらい夜空が綺麗で、景色も最高。

ここにいると日常の全てを忘れられます。

人生の気持ちのリセットですね。

三ヵ月住んでるツワモノはリセットどころか電源を切って、こっちで別の人生ゲーム送ってます…

明日は礼文島トレッキング「愛とロマンの8時間コース」に参加します。

35km歩けるかなぁ…。
今日の出費

朝 いくら丼 1,000円
稚内土産 800円
宗谷岬土産 1,500円
昼 最北端ラーメン 1,300円
礼文島行きフェリー(往復)4,400円
ユースホステル 4050円
トレッキング参加費 1,200円
牛乳 100円

計 14,350円

累計 122,050円
走行距離 2,450km
2006-09-21(Thu)

フェリー

20060921154238
最北端ラーメン

東日本海フェリーの航路をよく見ると、

1 稚内→礼文島
2 稚内→利尻島
3 礼文島→利尻島
4 稚内→サハリン

1を選んだのだが、もっと楽しそうな行き先もあったんだな…。

海上は凄い風と波で船は大揺れです。

この先は電波通じるかわかりません。
2006-09-21(Thu)

稚内~礼文島

20060921152141
今日はホームレスから逃げるがごとく、朝早くからのんびり稚内観光。

何にもないのんびりした雰囲気と、田舎町の雰囲気が融合してます。

全般に最北辺りは風が凄い。吹っ飛ばされそうになる。

岬の海岸で撮影していると、そのまま

「オホーツクに消ゆ」
となりそうだ。

朝は再度ノシャップ岬を訪れ、また1000円のいくら丼を食べた。

稚内市内でベスト電気発見。

おそらく日本最北の家電量販店だろう。

北海道はベスト電気が多い。

田舎では一軒家が「ベスト電気」として営業してるくらいだ。

庭の倉庫に商品おいてる。

ある意味衝撃。

高台の稚内公園から稚内市内を見渡すのは壮観でした。

ガイドブックにないけどお勧めスポットです。

続いて稚内駅。
日本最北の駅。

北陸ツアーのパンフ発見。

稚内からだと八万円もするようだ。

石垣島まではいくらかかるのだろう。

さらに昨日来た道を戻り「宗谷丘陵」を走ってみた。

通常は丘陵と海の間の淵をなぞる国道を走るのだが、何キロも走っていると、この丘の上はどうなってるのか見てみたくなるものです。

風が強いから何台も風車が置かれている丘の光景は大変美しく、何枚も写真を撮りました。

それから再度近くの宗谷岬を訪れ、「最北端の食べ処」と言う店で「最北端ラーメン」を食べた。蟹、海老、ホタテ、鮑などなど。

隣の飯やは1m程南にズレていたので「最北端」は名乗っていなかった。

謙虚だ。

しかし、少し「北」に歩いた場所で焼きガニやタコ焼きを売ってる店があるのだが…

ついでに、宗谷岬から見えるのだが、少し「北」に岩のような島のようなものがみえるのだが、あそこが最北端では…

稚内空港を訪れ、いよいよこれから礼文島に向かいます。
2006-09-20(Wed)

最北端看板

20060920223113

「世界人類が平和でありますように」


「独島は我等の島。日本猿は出ていけ。」
2006-09-20(Wed)

猿払事件

20060920222542
ここが事件の現場です。



今から数十年前、ここで凄惨な大事件が起こりました。



犯人は勤務時間外であった当時の公務員たる郵便局員。



なんと、




なななんと




選挙のポスターを貼ったのです。



その上、選挙ビラの配布までしたと言うのです。



公務員の政治的中立を定めた憲法に違反するとして、最高裁まで争われたのです。


「猿払事件」として超有名判例になってしまった事件の舞台(改装済み)です。



詳しくは検索しる!

2006-09-20(Wed)

紋別~猿払~宗谷岬~ノシャップ岬~稚

200609202214052
20060920221405
ノシャップ岬の夕暮れ

台風の残りがあって、風はやや強いが天気は晴れに近い。

昨日休みだった道の駅オホーツク紋別を再度訪れたが、ここではもう美味しいソフトクリームは売っていないらしい。残念。

それからひたすら北上。

所々で写真を取りに寄り道をした。

おこっぺでアイス
日の出岬
雄武町
ウスタイベ千畳岩
神威岬
クッチャロ湖のクローバーの丘
猿払郵便局

宗谷丘陵の美しい夕景を走ること2時間。

16:30ついに日本最北端の宗谷岬に到着したよ~。

夕日に映える最北端の碑が美しい。

ついでにノシャップ岬に走って夕景を撮影しようと車を飛ばした。

太陽さん沈まないで~。

願いながら必死に40km走った。

願い虚しく沈んでしまったが、夕暮れ時の岬もよかった。

閉店前にいくら丼を食べて、ライダーハウス「みつばちの宿」に到着。

誰もいなかったが、何か生活臭がした。食べかけの物もあったし。

誰もいないので、稚内温泉「童夢」に向かった。

10種類のお風呂があってくつろげる施設でした。

風呂から上がって再びライダーハウスを訪れると、一人禿げたオッサンがいた。

なんか雰囲気がおかしい。

ボソリボソリ独り言ばかり言って、携帯コンロと調味料持ち込んですき焼き作ってる…。
しかももやしばっかり。

「これが1番安いんです…」

「ここには一月くらいいます…」

「職業は…ニートみたいなもんです…」

って…ちょwwwwwおま要するにホームレス??

話は聞き取りづらいが、北海道の情報は相当持ってる。

昔のホッカイダーが退職かリストラかされてライダーハウスに住み着いてる感じだ。

禿ヤバスwwwwwww

金目の物は車に隠して寝よう。

明日は稚内観光して、いよいよ世界一クレイジーなユースホステルと言われてる礼文島の「桃岩荘」に向かいます。

今日の出費
昨日の宿泊費 1,500円
紋別土産 500円
おこっぺアイス 250円
ブルーベリーチーズケーキ 350円
昼コンビニ 450円
最北端ガソリン 3,300円

稚内温泉 600円
いくら丼 1,000円
宿泊費 600円

計 8,850円

累計 107,700円

走行距離 2,300km
2006-09-20(Wed)

ライダーチャリダー共和国

昨日の宿、どうも連泊者が多い人気のライダーハウスのようです。

今日は四人しかいなかったけど、最高で76人も泊まったことあるとか。

談話室含めて六部屋にどうやって…。

今日のメンバーは漫画家志望のフリーター兄ちゃんと車とバイクに詳しい整備工の人。300km/hでぶっ飛ばして一日1000km以上走るとか。すげぇ…。
車のメンテについていろいろ教えてもらった。

ホリエモンにそっくりなのだが金は持ってない。

後は普通っぽい人。

ここには「おっちゃん」と呼ばれるじぃちゃんがいて、いろんな話をミルク焼酎飲みながら語る。

みんなで夢を語り合って、叶えたいときにここに向かうみたい。

そして叶えたり節目に会ったり挫折したりしたときに、北海道のこの宿に来て報告するのだ。

みんなここ目指して名古屋やら大阪からバイクで来たらしい。

女性専用部屋まである清潔的で温かい安心できる宿でした。

今日は台風残骸の雲が残ってる。

稚内目指します。
2006-09-20(Wed)

最北端宗谷岬に到着

20060920170629
本当は択捉島が最北端かと…

とんでもない強風が吹き荒れてますが、快晴です。
2006-09-20(Wed)

オウムに着きました

200609201321234
200609201321232
20060920132123
住民はみな空を飛びますぞ!

JAおうむ
おうむ建設
おうむ小学校
おうむ中学校

あの頃の人達はこんな所にいたんですな。

そりゃ道路標識もビックリです。

この標識、どうしろというのだろう…。

普通、下になんか内容が書いてあると思うのだが…。
2006-09-19(Tue)

上湧別~遠軽~丸瀬布~紋別

20060919190405
地名一つでもどの辺か解れば北海道通と言った感じのコース。

毎日が晴れているわけではない。

曇りの日には曇りの日の楽しみ方をしよう。

連泊しようと思っていた宿を出て、今日は先には進まず内陸へ向かうことにしました。

まず遠軽にあったコスモス園に。

ただのお花畑ではありません。きちんと電波塔もあります。

今の時期、一千万本ものコスモスが花を咲かせているそうです。

壮観でした。

花の道を通るのは気持ちがいい。

お花畑で電波がゆんゆん♪

これだけの大型施設なのに入場無料でした。

その後、近くの「安国町」に立ち寄った後、道の駅スタンプラリーのスタンプだけのために20kmほど寄り道して「道の駅まるせっぷ」に。

ところが、今日は休館日でスタンプが押せなかった…

貼紙があって、
「スタンプは道内の道の駅の取り決めにより、開館時間だけにさせて頂きます。
ご理解とご協力をお願いします。」

だって。

理解は出来ても協力出来るか!

こんな所二度と訪れることはないだろうと言うような場所なのに…。

残念だが、また戻って少しでも稚内に近づこうと、午後は朝来た道を戻って、オホーツク海を北上。

ナビに「オホーツク紋別空港」

が表示されたので、行ってみたら…

キャンプ場でした…。

頭に来たので、地図を見て本当のオホーツク紋別空港に寄ってみました。

ANKの飛行機の離陸直前で、一連の離陸作業を見ることが出来ました。

よく台風の日に飛べるなと感心します。

やっぱ飛行機かっこいいな。

次の旅行は飛行機乗りまくるぞ!

オホーツク紋別空港を出てから、「道の駅オホーツク紋別」を訪れたが、ここも休館日。

チッキショー!!

高さ15mもある蟹足のモニュメントも公共事業だろうか。

ここで食事とおいしいソフトクリーム食べるつもりだったのに…。
やむなくセブンイレブンでおにぎりとカップ麺「ラーメン鉄矢」。
札幌の「ラーメン鉄矢」は全国のラーメン屋の中で1番好きなラーメン屋なのだがインスタントバージョンは…。

モーケッコー。

オホーツク海と紋別市街を一望できるオホーツクタワーにも寄ってみる。

これも大規模施設なのに入館料は200円。

北海道経済破綻の理由がわかる気がします。

天気も曇りで台風なので、今日はあまり先に進まず、ライダーハウス「ライダーチャリダー共和国」で台風をやり過ごすことにします。

今日の温泉は、「紋別温泉とっかりの湯」。

紋別の町は意外と大きくてポスフール(イオン系)があります。

のんびりプランじゃなかったら、こういう町の存在すら知らなかったでしょう。

今はポスフールで休んでますが、隣でロシア人が電話口で
「ハラショー。ハラショー。」
と連発してます。

本当に「ハラショー」って使うんですね。

使うというか「ハラショー」しか言ってない…。

「万歳!」って意味じゃなかったっけ…。

それとも「キムタク」みたいな感じで、「麻原祥晃」の略称ですか?

走行距離は2,000km突破。

今日の出費

野菜ジュース 200円
昼コンビニ飯 600円
オホーツクタワー入館料 200円
晩 カツ丼 1,000円
温泉 600円

計2,600円

累計 98,850円
2006-09-19(Tue)

軍神たれ!

20060919113306
ここで会おう。

半韓王子は右へどうぞ。
2006-09-19(Tue)

宿屋になろう

20060919093803
無印良品的なネーミングのワイン。

なんともorganic。

「無添加」である事を名前にしちゃいますか…。

添加物入ってたりして。

宿に着いてから旅館経営の老夫婦と小一時間ほど話をした。

随分気に入って戴いたみたいで、この旅館あげるから旅館を経営してみないかと言われた。

ここは田舎だけど宿泊客は結構来るから生活は出来るよ、だって。

札幌からきた元会社経営の老夫婦は、年金で暮らせるから旅館やめて九州で暮らしたいそうだ。

サラリーマンと違って時間は作れるし、何にも縛られないからいいよ、と。

魅力的な話だなぁ…。

フィンランドの田舎に似た北海道の最果ての土地でのんびり生きていくのもいいなぁ。

でも、旅行するには最高だけど最果ての田舎で暮らすとなると、若いうちはつまらないかも。

都会のサラリーマンよりはマシだろうけど。

宿屋は泊まればHPもMPも全快するが、宿屋の親父にはHPもMPもないしなぁ…。

俺にも無いが。

今日はのんびりこの旅館に滞在しようと思ったが、天気予報だと午後に晴れるそうなので、やっぱり出発します。

朝食はタダで頂きました。
2006-09-18(Mon)

佐呂間~上湧別

200609182156532
20060918215653
サロマ湖展望台から無事降りてきました。

思えば370m登るって、富士山登山の1/3程あるじゃないか。

富士山は5合目(標高2,600m)から頂上(3,776)まで1,176mくらいを登るのが一般的。

しかも途中宿泊付き。

適当に登ろうと思った自分が恐い…。

今日は早目の宿泊。

この旅初めて旅館での一人宿泊。

上湧別という田舎だが目の前の道の駅に温泉があるのがいい。

その場で会ったみんなで飯食ったり、北海道オタと夜中話したり、外人にDS脳トレさせたりするのも楽しいが、一人のんびり温泉地の旅館に泊まるのもよきかな。

テレビ見てるとSHINJO人気が凄い!ニュースのスポーツコーナー半分はSHINJOの打席だ…

テレビと言えばたまに車に「水曜どうでしょう」グッズ付けてる奴みかけるな。

聞けば「水曜どうでしょうグッズ」は全て限定品らしい。

今まで会った人らは、グッズ欲しくても入手法は知らなかった。

何とか手に入らないかな。

走行距離は1,800km突破。

ガソリンメガタカス。
最強の台風も近づいているし暫くここに滞在しようかな…。

涼しくて過ごしやすい日が続いていたのに。

今日の出費
朝食 女満別産豚串2本 500円

ムショ土産 2,100円

うし土産 2,100円

ガイドブック等 3,700円

昼おにぎり 450円

ガソリン代 4,700円

おでん・カレー1,000円

宿泊費 3,000円

上湧別温泉 400円

計18,950円

累計 96,250円

毎日違う温泉に入ってます。
2006-09-18(Mon)

現金なくなると恐いもんね~。ボンビ~

20060918182317
一瞬でも読み間違えた香具師はその場で踊って借りて振り込め。
2006-09-18(Mon)

サロマ湖展望台登山

今日は曇っているのであまり移動せず、のんびり網走周辺を観光。

すっかり意気投合した一期一会の仲間と別れ、一人刑務所に向かった。

展示が面白い!

既知外みたいな展示ばかり!

シャバに出所してしばらく網走湖、能取湖をぶらついた後、ちょうどサンゴ草が赤く染まっている群生地を見つけて、一服。

さらに寄り道しながらサロマ湖へやって来ました。

湖が一望出来る展望台があるというので、山登りにチャレンジ。

2kmの遊歩道散歩の気分だったのに、傾斜がキツイ。

思えば海抜0mから標高370mを2kmで登るんだからキツイ罠。

ジムで鍛えた体力虚しくすぐに息切れ。

苦行の登山になりました。

ところどころから木がミシミシ言ってるのが聞こえます。

もしやクマー('ω'*)?

警戒しながら歩き、標高も次第に高くなり、1時間近くかけて遂に登り切ったところに広がっていた光景は…

駐車場でした…

ちょwwwwwおまwwwww

車で来れるんかい!!

展望台からの景色は最高でした…

帰り道、リスの親子に慰めてもらいました。

今まだ下山中。

暗くなる前に降り切ります…。
2006-09-18(Mon)

ユースにて

文字色夜12時までだべって過ごしてしまった…。

こゆい人らが集まってしまったのが原因。

話がなんでも発展して行く。

でも楽しいし、朝はのんびり網走観光でもしようかな。
プロフィール

kelog

Author:kelog
属性:平壌の虹原を歩くリア充

マチュピチュ with あずにゃん

「ガンと闘う日記」
2006年7月6日、大腸ガンの結腸摘出手術を受けました。当時26歳。
進行度はステージ2(0~4の真ん中)で幸い他臓器転移は無し。
リンパ節への転移もなかったけど、リンパ管の一部からガン細胞が発見されたと病理検査所見あり。

2011年7月16日、無事5年が経ち完治。

kelog2000 Gメール
kelog2008 youtube
kelog2010 twitter
kelog2012 skype
kelogbook facebook
kelog中央放送 Ustream


持ってる資格
第一級アマチュア無線技師
総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者
初級システムアドミニストレータ
危険物取扱者乙種4類
無軌条電車運転免許
モールス電信技能認定1級

11syu2.jpg
運転免許証



本籍(暦) 現在「南鳥島」
北海道紗那郡紗那村大字紗那村字シャナ1番地
北海道択捉郡留別村大字内保村字十五夜萠333番地
北海道根室市水晶島ヲワタラウス1番地
北海道根室市志発島湖島ワッカ1番地
北海道根室市多楽島カカマ1番地
北海道根室市勇留島ポントロモイ1番地
北海道根室市秋勇留島ヲダモイ1番地北海道蘂取郡蘂取村大字蘂取村字ヲワタリ7番地
北海道国後郡留夜別村大字留夜別村字ヒロク濱中アカンコロベ1番地
北海道国後郡泊村大字米戸賀村字オタトミ6番地
北海道色丹郡色丹村字シャコタン7番地
島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地
沖縄県石垣市字登野城2392番地
(↑尖閣諸島・魚釣島)
東京都小笠原村硫黄島
東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地
東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地
東京都小笠原村南鳥島

沖縄県石垣市字登野城2392番地←イマココ!


helogo2.jpg


当サイトはリンクフリーです。
横幅1280px以上。

メインコンテンツ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンク
やる気
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
19位
アクセスランキングを見る>>
どうしてこうなった
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
♪算数の宿題♪
赤い部分の面積を求めてね♪(1辺=a) わかったらコチラへ♪
POS
\(^o^)/
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
密林。
俺様的今期ランキング
干物妹はうまるちゃん プリズマイリヤ2 のんのんびより りぴーと Working!! アイドルマスターシンデレラガールズ2nd 下ネタという概念のない世界 GATE 奥様は生徒会長 ワカバガール ミス・モノクローム うーさーその日暮らし
アニメログ
これまで見たアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。