--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-07(Fri)

ヤマダ電気、決意のツイート

17:18、関東・東北地方にM7.3の地震が襲った。

最大震度5弱が青森から茨城の広い地域にかけて表示された。



発表された速報を見ると、東日本大震災本震よりやや沖合、だが震源の深さは10kmと浅い。


そして発表された津波警報。

3.11が脳裏をよぎる。


当時は現場の様子を伝える映像をメディアは用意できなかった。

テレビ局どころか、災害対策の最後の拠点である自治体との連絡すら取れないという異常事態。

現場から情報を発信していたのは個人のblogやtwitterであった。



今回は前回と異なり、テレビ局が早々に現場の様子を映している。

twitterでは「よく訓練されたおまいら」が、ネタツイートと「不謹慎」の応酬を行っていた。

これだけ見ると3.11より「平常運転」に見えるが、被害の全容と津波の脅威はわからない。



津波警報とメディアが避難を呼びかける中、とても空気の読み誤ってしまったツイッターアカウントが現れた。



yamatuw.jpg



このころ、NHKはこんな様子。







これは「賭け」だったのかも知れない。



これから津波が来るというタイミングで打つ勝負ではなかったと思う。


津波が到達した頃には、ヤマダ電気のツイートが炎上してた。



この周辺の判断が、政治や経営、投資に求められる「高度な判断」だと思うのよね。


特に投資なんてこういう判断の連続。


「空気を読んで利を掴む」


センスが問われます。




今回はNHKの対応が光り、ヤマダ電気が地雷を踏んだ結果となりました。
スポンサーサイト
2012-10-05(Fri)

ダンジョン。

IMG_4149.jpg
カッパドキアを車で走ってると、カイアサルってところに「地下住居」が見つかります。


IMG_4154.jpg
世界遺産ということで、とりあえず入ってみました。



IMG_4150.jpg
入口付近は何となくどこにでもあるような「洞窟」って感じ。



IMG_4153.jpg
昔の人はこんなところで暮らしていたのかと思いを馳せると、詳しい歴史的経緯を知らなくてもロマンに浸れますね。



IMG_4151.jpg
中は外より随分涼しくて、どこまでも続いています。



どんどん進んでいくと、途中である事に気付きました。


帰り道がわからない!



ありの巣のように複雑な3次元立体構造をしていて、中には看板も殆ど無く、他に人がおらず、途中から洞窟を灯していたあかりが無くなってきました。



もうね。




頭の中にはこの音楽が流れ始めましたよ。



IMG_4156.jpg
どこから来たのか、どの階層なのか、そもそも階層式のダンジョンなのか。



屈んで進んでいるので、こんなところでモンスターに遭遇したらとても地上と同じクオリティで戦闘は無理だと思いましたね。



しかもどこの部屋にも宝箱がない。



どの部屋も同じような部屋なので地図が描けない。



IMG_4166.jpg
あ、階段だ!

ザッザッザッザ。




IMG_4162.jpg
人工物を発見するも、これが上層階の証なのかどうか不明。




IMG_4163.jpg
あ!人だ!助かった!



でも、コイツも迷子だったw



IMG_4161.jpg
「階段を上れば上層階に行ける」という感覚が罠。




IMG_4168.jpg
ここはグルグル回ってまた同じところに戻る無限ループ回廊。



たまに矢印はあるけども、それが潜るのか登るのかわからない。



IMG_4169.jpg
本気で迷うこと数十分、電灯とは違った感じのあかりが見えてきた。




これでようやくお日さまの下に出られました。




ダンジョン初体験。

モンスターが出なくて良かった。

思うに、ダンジョンって狭いから剣を振り回したりは出来ない。

特に背中に担ぐタイプ。

炎系の魔法なんて使ったら自分も間違いなく死ぬ。

水も同じ。雷は届かない。


暗くて涼しくてモンスターの住み心地は最高だろうから、強い敵が出てくるんだろうな。




しかし、本気で迷子になってかなり焦った。


やっぱり三次元はダメだ。
2012-10-02(Tue)

海外土産

IMG_3644.jpg
貰って困る土産物No.1は「置き物」。




IMG_3828.jpg
それに「聖なる属性」などついていようものなら、捨てるに捨てられずさらに迷惑。



というわけで、買ってきたのだが・・・。



IMG_4699.jpg
家でカバンを開けると塔が折れてた。



IMG_4700.jpg
木っ端微塵だった。




ちなみにこの土産、上が1リラ(40円)、下が電気付きで4リラ(160円)というすげー安いものでした。


露店でこんなの売って生計なりたつのか不思議。




IMG_3646.jpg
これをダンジョンの通路にぶら下げて「引き返せ」と対人センサー音声装置を付けたら面白い。
2012-10-01(Mon)

帰宅

帰宅しました。


paka1.jpg
今回の衣装はこれ。


刺繍シャツは12000円くらい、他は5000円くらい。

全部で3万円くらいでしたかね。


http://nijigencospa.com/detail/id/00000042611
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/-/ps_id/1676400/s_cd/0001/c_cd/00000
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/anime/k_on/fashion/-/ps_id/1683774/s_cd/0001/c_cd/23598
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/anime/k_on/fashion/-/ps_id/1709357/s_cd/0001/c_cd/23598
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/-/ps_id/1681710/s_cd/0001/c_cd/10002


やはり刺繍は圧倒的にカッコイイ。



あと、一つ用意したのは季節外れだったのでまたの機会にw
2012-09-30(Sun)

トルコ風呂

部屋にはバスタブがないので、もう少し本格的なトルコ風呂が無いか探しました。


トルコの風呂は「ハマーン」と言います。


入口に「ハマーン」と書いてあるお店に車を停めて入ってみました。


IMG_4247.jpg
入り口がとても怪しい。


IMG_4241.jpg
シャワーを浴びてここで待ちます。


IMG_4242.jpg
メニューは色々あって、アロマオイルマッサージ、メディカルマッサージなど。


お風呂じゃなくてマッサージ屋でした。


アロマオイルマッサージは40分で55ユーロと、日本とさほど変わらない値段。

他の物価が安いので、とても高いと思います。



僕の足は競輪選手ぐらいの筋肉と固さがあるので、オイルマッサージ程度ではあまり効果を感じられませんでした。



IMG_4245.jpg
お風呂は別料金でした・・・。



IMG_4666.jpg
スルタンアフメットのトルコ風呂。
2012-09-30(Sun)

イスタンブールの夕景

IMG_4594.jpg
イスタンブールに沈む夕日。新市街のガラタ塔から。


IMG_4608.jpg
手前がアジア側。


IMG_4615.jpg
奥がヨーロッパ。


IMG_4662.jpg
夜景に。


IMG_4654.jpg
侵略してやるでゲソ!




Facebookにも写真を放り込んでおきました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.468794326477304.101512.351973138159424&type=1



ちなみにこの写真、めっちゃ人の多くて狭いタワーのてっぺんで撮ってたので、次から次へと「一緒に撮らせてくれ」と言う人が寄ってきて大変なことになってましたw
2012-09-29(Sat)

モスクへ。

IMG_4451.jpg
イスタンブールの象徴「ブルーモスク」。


巨大なイスラム建築で、中では礼拝も行われています。


イスラム教の神聖な場所なので、色々制限があります。



IMG_4445.jpg
これがドレスコード。






IMG_4560.jpg
余裕でした。



IMG_4569.jpg
余裕でした。





IMG_4453.jpg
天井がすごい。





IMG_4458.jpg
中にはムスリムでない人たちにイスラム教を理解するための教室もあるようです。




モスクからは町中に響き渡る大音量で礼拝の放送が流れます。


このスルタンアフメット地区はブルーモスク以外にもたくさんモスクがあって、それぞれが礼拝の放送を流します。


日本で同じ事をやったらご近所は激怒だと思いますね。
2012-09-28(Fri)

カッパドキアの熱気球

IMG_4331.jpg
カッパドキアで熱気球に乗ってきました。


IMG_4252.jpg
午前5時半頃、あちこちのホテルから人が気球に集まってきました。


IMG_4262.jpg
エンジンとパイロットの腕が気球ツアーの善し悪しを決めます。


IMG_4258.jpg
午前6時過ぎ。いよいよ離陸の準備。


IMG_4267.jpg
侵略者もインタビューに応え、準備完了。


IMG_4272.jpg
次々とバルーンが昇って行きます。


IMG_4275.jpg
この場所だけではなくて、周囲の町からもたくさん上がります。


IMG_4289.jpg
空に昇る海からの使者。


IMG_4296.jpg
少しずつ日の出が近づいてきました。



IMG_4299.jpg
陸から日の出を迎える人たちもいます。


IMG_4314.jpg
さぁ、いよいよ日の出。


IMG_4319.jpg
カッパドキアの大地に太陽が。


IMG_4324.jpg
それを眺める気球の数も凄い。



IMG_4326.jpg
同時に上がる数では世界一だそうです。



IMG_4340.jpg
壮観ですね。


IMG_4369.jpg
いい眺めだねぇ〜。


IMG_4387.jpg
カッパドキア奇岩群。



IMG_4376.jpg
岩に映った影。



IMG_4373.jpg
どこまで岩や地表に近づけるか、気球男の腕の見せ所であり、ツアー価格の決定要因です。

ハコの大きさも、18人乗りから30人以上乗るものまで。

安いので110ユーロ、高いので150ユーロ。



IMG_4389.jpg
早朝の上空は寒いので熱い格好をしましょう。



IMG_4396.jpg
眼下に広がるローズバレー。夕景ポイントでした。



IMG_4400.jpg
陽気なおフランスおばちゃんたち。


IMG_4417.jpg
フライト大成功はシャンパンでお祝いです。



IMG_4405.jpg
エンジンもお疲れさまでした。



facebookページに適当に写真あげておきます。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.468352249854845.101408.351973138159424
2012-09-27(Thu)

ワイルド割

IMG_4144.jpg
レンタカーを借りてカッパドキアを現地指導する事にした。

昨日はバイクだったが、普段乗ってないから疲れる。

お店の人がスギちゃんにハマってて、一緒に「ワイルドだろぉ!?」やったら割引してくれた。

トルコの日本好きはすごい。



左ハンドル右側走行で、MT車を用意されたが、クラッチとブレーキもよくわからない。


ぶつける自信があったのでAT車にチェンジ。

150TL。

IMG_4172.jpg
知らない町とか看板を頼りに、どこへ向かうでもなくブラブラと。



カッパドキアの奇岩と地下帝国と壮大な地層以外は正直退屈なドライブになる予感がしたので、途中で帰ってきた。





IMG_4221.jpg
沈む太陽。

IMG_4239.jpg
俺の太陽。

kimilsungzou.jpg
主体の太陽。
2012-09-26(Wed)

カッパドキア巡り

IMG_3926.jpg
カッパドキアはいくつも町があるのでバイクか車がないと回れません。

拠点をギョレメという町にして、バイクを借りました。


レンタバイク屋で

「日本の免許証でOKだよ。」

「お前これ読めるのかよ?」

「別に無くてもOKだよ。」

というやり取りをした後、125ccバイクを借りる事に。


バイク屋が

"I love Japan! I wanna visit Akihabara!"


と言ってたので・・・


IMG_3984.jpg
「バババーン!」とシャツを披露したら、大喜びでレンタル料金を半額にしてくれましたw


さすがちゃんみお。

ここでちゃんみお。

まさかのちゃんみお。



ギョレメの町の「SILKROAD」ってレンタル屋ねw



さて、バイクを借りたので精一杯回りますぞ。

スピードメーターも燃料計も動かないけどw


IMG_3943.jpg
カッパドキアと言えば、この三本キノコでしょう。


IMG_4025.jpg
すごく・・・大きいです。


IMG_3959.jpg
ここはバシャバーという所。


IMG_3987.jpg
カッパドキアのシンボル。



IMG_4001.jpg
数億年かけて出来上がった大地に変なのが舞い降りたというお話。




IMG_4047.jpg
道を走ってると奇岩ばかり目立ちます。


IMG_4056.jpg
らくだの形をした岩。


IMG_4084.jpg
三姉妹の岩。


IMG_4091.jpg
三姉妹+妹



IMG_4100.jpg
アリゾナのグランドキャニオンを思い出すような地形でした。




写真は適当にFacebookに放り込みました。
http://www.facebook.com/kelogbook
プロフィール

kelog

Author:kelog
属性:平壌の虹原を歩くリア充

マチュピチュ with あずにゃん

「ガンと闘う日記」
2006年7月6日、大腸ガンの結腸摘出手術を受けました。当時26歳。
進行度はステージ2(0~4の真ん中)で幸い他臓器転移は無し。
リンパ節への転移もなかったけど、リンパ管の一部からガン細胞が発見されたと病理検査所見あり。

2011年7月16日、無事5年が経ち完治。

kelog2000 Gメール
kelog2008 youtube
kelog2010 twitter
kelog2012 skype
kelogbook facebook
kelog中央放送 Ustream


持ってる資格
第一級アマチュア無線技師
総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者
初級システムアドミニストレータ
危険物取扱者乙種4類
無軌条電車運転免許
モールス電信技能認定1級

11syu2.jpg
運転免許証



本籍(暦) 現在「南鳥島」
北海道紗那郡紗那村大字紗那村字シャナ1番地
北海道択捉郡留別村大字内保村字十五夜萠333番地
北海道根室市水晶島ヲワタラウス1番地
北海道根室市志発島湖島ワッカ1番地
北海道根室市多楽島カカマ1番地
北海道根室市勇留島ポントロモイ1番地
北海道根室市秋勇留島ヲダモイ1番地北海道蘂取郡蘂取村大字蘂取村字ヲワタリ7番地
北海道国後郡留夜別村大字留夜別村字ヒロク濱中アカンコロベ1番地
北海道国後郡泊村大字米戸賀村字オタトミ6番地
北海道色丹郡色丹村字シャコタン7番地
島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地
沖縄県石垣市字登野城2392番地
(↑尖閣諸島・魚釣島)
東京都小笠原村硫黄島
東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地
東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地
東京都小笠原村南鳥島

沖縄県石垣市字登野城2392番地←イマココ!


helogo2.jpg


当サイトはリンクフリーです。
横幅1280px以上。

メインコンテンツ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンク
やる気
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
24位
アクセスランキングを見る>>
どうしてこうなった
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
♪算数の宿題♪
赤い部分の面積を求めてね♪(1辺=a) わかったらコチラへ♪
POS
\(^o^)/
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
密林。
俺様的今期ランキング
干物妹はうまるちゃん プリズマイリヤ2 のんのんびより りぴーと Working!! アイドルマスターシンデレラガールズ2nd 下ネタという概念のない世界 GATE 奥様は生徒会長 ワカバガール ミス・モノクローム うーさーその日暮らし
アニメログ
これまで見たアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。