FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-05-10(Thu)

エロマンガ島現地指導〜1日目

P_20180502_102835_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ島に行ってきました。


バヌアツの首都・ポートビラからプロペラ機DHC-6 310でDilon S bay空港へ。


DSC01712.jpg
草しか生えない滑走路に着陸。


島に着いてまず驚いたのが携帯電話が繋がる!

何せ「電気もガスも水道もない」と聞いていたので、まさか電波が繋がるとは衝撃。

P_20180501_074117_BF.jpg
早速到着ツイートするエアポートおじさん。




(この先軍ポーズはほぼセルフィスティック愛用w)


DSC01717.jpg
週に1~2便、バヌアツの首都ポートビラと、南の島々を転々と結ぶ飛行機は、島に物資を届けている。


DSC01719.jpg
空港の前には村へ向かうトラックが待機してます。
飛行機が週に1~2便しかなく、首都から運ばれた物資と人を荷台に乗せます。

何の予約も連絡もなく島に着いたので、とりあえず1000バツー(バヌアツの通貨)払って乗車。

P_20180501_075850_BF.jpg
今回トラックの荷台に乗ったのは、物資運搬の島民(左前)、カナダ人の旅行者(右前)とその案内役の島民(茶色シャツ)、バヌアツのプロモーションカメラマン(右のピース)、日本のオタク(手前)。

荷物の隙間に入ってトラックは出発!



P_20180501_082151_vHDR_Auto.jpg
めちゃくちゃ揺れる!

P_20180501_082217_vHDR_Auto.jpg
舗装も何もない道なき道をひたすら走る!




体をしっかり固定しないと吹き飛ばされそうに。




トラックの荷台に揺られて村まで9km。


P_20180501_082049_vHDR_Auto.jpg
高台から岸辺の村に向かうので、村に近づくと美しい景色が広がります。
(掴まるのに必死でなかなか写真を撮る余裕がない・・・)




何とか無事に村に到着。


さて、ここから宿場を探すかと思っていたところ、一緒に乗っていた案内役の島民が、近くでゲストハウスをやってる
おばちゃんを連れてきてくれました。
ほっと一安心。


P_20180501_085556_vHDR_Auto.jpg
今回お世話になったWOW GuestHouse。


GuestHouseと言っても大きな建物があるわけでなく、簡易ベッドが2つある小屋と、近くに家族が住む家がポツポツ。


それでも、得体の知れない島でゆるキャンを覚悟してた身としては、これで勝つると勝利を確信。


飛び込みで来ても何とでもなる島です。


P_20180501_085650_vHDR_Auto.jpg
マイルームに荷物を運んで、寝泊まり準備。
ベッドには蚊帳もあって意外と快適。
こういう島には蚊がいるので、日本から蚊取りスプレーと蚊よけスプレー持参しました。


P_20180501_092655_vHDR_Auto.jpg
さて、荷物を置いたら部屋から出て、少し大きな小屋に迎えられます。

この小屋はヨットチームがたまに寄るらしく、旗がたくさん飾られている。
途中、別の所に泊まってるカナダ人も案内役に連れられて来たので、きっとここは島に来た多くの人が訪れるのでしょう。



そこでオーナーのDavidさん、妻のMarinさん、息子のYeniさん、孫のJesicaちゃん。

Davidさんはこの家の長で63歳。
村一番の年寄りだけど足腰もしっかりしててダンディ。
Yeniはとても陽気。
DavidとMarinには子供6人、孫18人いるということで、日本からみたら大世帯。
後から現れる息子達もみんな陽気。(名前覚え切れないw)




このゲストハウスに日本人が泊まったのは初めてのようで、家にいた皆さんで歓迎してくれました。

ウェルカムドリンクでライムジュースが用意されて、これで水の心配はないと一安心。

観光客自体が非常に少なく、過去に島に来た日本人は20人もいないんじゃないかとのこと。

日本の事についてもさほどよく知らないみたいで、SONYやPanasonicは中国の企業だと思ってた。



そこで、現地指導開始。

「島は風景がとても美しく、村の人はみんなスマイルで、とてものどかです。
町から来る人々は日々忙しく、疲れています。
今回は何もしないSlow Lifeを送りたいと思ってここに来ました。
そういうSlow Lifeが日々疲れている私たちにはPrecious Dayです。」


「私はここで潮騒を聞きながらしばらく漫画を読んで過ごします。よければ皆さんもどうぞ。」

と、カバンから漫画を取り出す。

大量に取り出す。

エロマンガ先生を取り出す。

一同、初めて見るJapanese Mangaに興味津々。


日本語なんて読めるはずないけども、しげしげとページをめくって頷いたり笑ったり。


P_20180501_092241_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ先生を読む最長老David(63)

P_20180501_092249_vHDR_Auto.jpg
息子、ブラザーYani(40)


「これがJapanese MANGAです。ご存じですか?」

「日本の漫画は見たことなかったけど、絵がかわいいね。Very pretty.」

「彼女の名前はエロマンガ先生。日本では若者にとても人気があります。名前はこの島由来だそうです。

「Her name is Eromanga. Eromanga in Erromango!」

一家のテンションが上がりまくる。

「遠い日本で人気のエロマンガ先生が、この島に帰ってきました。これはとても素晴らしいことです。」

もの静かだった孫Jesicaも初めて見るマンガに少し興奮気味。

「せっかく日本からきたから、マンガは読み終わったら君にプレゼントするね。」
とJesicaに渡す。


P_20180501_091252_vHDR_Auto.jpg
プレゼントと言うと嬉しそうに貰ってくれました。











P_20180501_122919_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ先生、島の名前が由来だそうだからね!






そんなこんなで島の話を聞きながら、日本のマンガアニメの話をしているうちに、お昼に。
Marinがランチを用意してくれた。



釣ったばかりの魚と、私の菜園でとれたばかりのバナナを焼いたもの、あとライスとヌードルとフルーツね。

食事後はお茶をどうぞ。



フルーツ以外はしっかり火が通って調理されている。
これなら食べても問題なかろう。

島ではインスタント麺もよく食べられているようだ。
肉もインスタント麺と調理すれば味もついて美味しく食べられる。

「島ではみんなこういう食事をしているのですか。」


「そう。魚はたくさん採れるし、採ったばかりの魚を調理しているわ。フルーツもたくさん育てているし、すぐ
そこの農園で採ったばかり。とてもフレッシュ。狩りに行けばお肉も食べられるよ。」



とてもナチュラルでロハスでヘルシーな感じだけど、圧倒的ボリュームで食べきれない量のランチが用意されて戸惑い気味。

食事がなかったらどうしようと、アルファ米とミネラルウォータを持ち込んだけど、不要だった。



ランチを食べると、島の若者達は午後の仕事に出かけた。

「来ることが分かってたら、今日も島の案内をしてあげたのに。」

とブラザー達は言ってくれるが、どこに連絡すればいいのか全然分からなかった。


TAFEA(バヌアツの南の島の所属する州名。Tanna,Aniwa,Futuna,Erromango,Aneytium5島の頭文字。)
ツーリズム公式から、
ゲストハウスらしき施設のメールフォームからメールを送っても音沙汰無し。
TAFEA公式に直接メールしてもレス無し。
首都ポートビラの旅行会社からも「弊社十数年の歴史の中で初めてなのでコンタクト出来ない。」とのこと。

皆にそういう話をしたら、今度は俺のメアド教えてやるよと。

メアドあんのかよw




ランチ後はみんな出かけたので、長旅の疲れを癒やす潮騒を聞きながらエロマンガ先生を読む。
全く時間が気にならないこの心地よさ。
本当のバカンスとはこういうことだろう。


P_20180501_091034_vHDR_Auto.jpg
余りに気持ちのいい時間が過ぎて、気づかず眠っていた。
起きても時計を見る必要はない。




ベッドメイキングも完成。



まだ太陽の高さが高いので、一人で島内現地指導へ。


部屋から少し歩くとすぐ村がある。
会う人に声をかけると、みんな声をかけてくれる。

DSC01723.jpg
みんなスマイル。大人はとても穏やかだが、子供は外国の人に慣れないのか、とてもシャイだ。
観光客が来るとみんな集まって「写真撮ってくれ、なんかくれ、金くれ」とねだってくる国もあるのにw



村に入ると、年長のアニキがギターを弾いて、周りに少し年下の子供達が集まっていたり、小さい子が鬼ごっこしてたり、
賑やかだった。


村を後に、海岸沿いからトラックが通ってきた道を川沿いに歩いてみる。

子供達はシャイだが、手を振ると笑顔で手を振ってくれる。

大人達はいろいろお話してくれる。

まるでドラクエ。

そして道を教えてくれる。


言われたとおりまっすぐに歩くと、道に大きな牛が現れた。


DSC01740.jpg
刺激しないように迂回して川に近づくと、川の中州にも牛がいた。


DSC01742_201805090326498a5.jpg
のどかな景色を写真に撮っていると、川の反対にたくさん牛が集まってきたのに気づいた。


DSC01742_201805090326498a5.jpg
完全にアゲインスト!回り込まれてしまった!



最初の牛がゆっくりとこちらに近づいてくる。

角あるし、戦闘力高そう。

「→にげる」を選択。


距離を取りながら逃げ切ると、信じられないほど大きな声で雄叫びを上げ始めた。

牛の雄叫びは島中に轟くようなすごい咆哮、大迫力だった。


P_20180501_170333_vHDR_Auto.jpg
無事に帰ってマイルームでひと眠りすると、少しずつ暗くなってきた。

そのうち「ディナー用意するよ!」とMarinの声。

若者たちも仕事から帰ってきて、またいろいろお話してくれた。
島の話を教えてくれるの超楽しい。


P_20180501_122101_vHDR_Auto.jpg
「私は世界中を旅して、子供達に日本からいろいろプレゼントを贈っています。この島にもたくさんプレゼントを持ってきました。」

今回のは古くなったオタグッズを処分してるわけではなく、全部このために買ってきたもの。

翌日、明るくなったらタオルとタペストリーが飾られることに。


ヨットクラブを始め、島を訪れた旅行者の多くはきっとここを訪れるであろう。



夜は電気がない。
けども、昼間にソーラー電池で蓄えるランタンがあるので、マイルームも真っ暗闇ではない。

太陽が沈んだら寝て、太陽が昇ったら起きる。

そんな生活を想像していたけども、どうもそうではないっぽい。

続きはまた明日!



エロマンガ島現地指導~1日目
エロマンガ島現地指導~2日目
エロマンガ島現地指導~3日目
エロマンガ島への行き方

twitterまとめ記事
1日目
2日目
3日目

togetterまとめ
https://togetter.com/li/1224374
スポンサーサイト
2018-05-09(Wed)

エロマンガ島現地指導〜2日目

P_20180501_161809_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ島の朝は早・・・くもなかった。

鶏の声は早いけど、他に誰か起きてくる様子もなく。

この島では帰りの飛行機以外、時間を特に意識しない。

午前9時頃だったか、Marinの声で朝食に呼ばれた。
昨日島に着いたのが8時前だったので、昨日より遅い。


朝は昨日とは別のブラザーがやってきた。
クリストファと言ったかトーマスと言った、人が多すぎて名前を覚えきれない・・・






昨日のツイートが日本のみならず世界中に拡散され、様々なコメントが寄せられている。
まずはそれを彼らに見せて翻訳することに。

皆さんがいろいろ言ってることを、そのまま島民に何のオブラートも無しに直球で伝えたのですよ。

日本とエロマンガ島がつながってた時間なのです。

特に英語と仏語のコメントなんて彼らはそのまま読めるからw






昨日から1日足らずで、インターネットでたくさんの人が昨日撮った写真を見ていること、
それに関心を示した多くの人がコメントや質問していること、
エロマンガ島が日本では名前だけ有名で、どんな島かみんな興味を持っているのだろうということ、
エロマンガ先生がエロマンガ島に来たから、みんな面白がっていること







それらを伝えると・・・一家でYeah!!ウェーイ!!

なぜかハイタッチw



寄せられたコメントを翻訳して、一つ一つ答えてもらってるうちに、突然Davidが夢を語り始めた。

「私は長く旅行客を受け入れてきたが、普段はこの島に訪れる人は殆どいない。もっとたくさんの人に来て欲しいと思いながら年を取った。でも私はまだまだやりたいことがたくさんある。今は部屋が2つの小屋と、新しく4つ部屋を用意してある。もっともっと大きくして、たくさんの人に島に来て貰うのが私の夢だ。」

そのうち、息子が隣の村の偉いさんっぽい人を呼びに行った。

Davidはたくさんの人を迎えたくて作った小屋の上に案内してくれた。





「ここには部屋が4つある。見晴らしも素晴らしい。下と併せれば6人泊まれる。一部屋に二人泊まれば、10人泊まれる。」

「わぁーお。(ベッドマット一つあるだけじゃんw)」


「それでも足りなければ、この木の上に小屋を作ることを考えている。」

「わぁーお。(鬼太郎ハウスかよw)」


「さらにこっちの空き地には、家族とお客のために大きなキッチンを作るつもりだ。」

「わぁーお。(果てしない作業だなw)」


「さらにさらに、上に登ればまだまだ小屋を作れる。」

「わぁーお。(ちょwww夢はいいが過剰投資にも程があるw)」


「もっとたくさんの人で賑わうゲストハウスを作りたい。」


たった一人の客が来ただけでテンションMAXになるゲストハウスにはかなり遠い夢だなw



一通りDavidの開発計画(笑)を現地視察して一言。

「わかりました。この島の魅力を、皆でたくさんの人に伝えましょう。」



まず、日本ではエロマンガ島の名前が有名です。

そして若者はエロマンガ先生が大好きです。


P_20180502_082517_vHDR_Auto.jpg

P_20180502_083113_vHDR_Auto.jpg
ここに大きくエロマンガ先生をお迎えしましょう。


P_20180503_082648_vHDR_Auto.jpg
次に、エロマンガ島のスタッフシャツを着用しましょう。


P_20180503_082738_vHDR_Auto.jpg
日本語で彼女の名前「エロマンガ先生」と書いてあるので、着ても飾ってもかまいません。



P_20180502_134945_vHDR_Auto.jpg
次に、日本のお客さんが来ても楽しめるよう、書籍をここに置きましょう。



そして、日本のお客さんが見えて、エロマンガ先生を見て何かを聞かれたら、次の日本語を返しましょう。


P_20180503_082825_vHDR_Auto.jpg
"Sonna Hazkashi i namae no Hito Shiranai!"




はい、みんなで唱和!





これで日本の若者のおもてなしはバッチリでしょう。
(到底覚えているとは思えないが・・・日本語は難しい。)







そのうち、隣村から偉いさんっぽい爺さんが現れて、Davidと何やらいろいろ話し始める。
ネットでおまえらの反応を見て楽しむブラザー達と、それを見て嬉しそうな年寄り衆。

「あなたみたいな人がこの島に来たのは初めて。もしよかったら島の親善大使をやってくれないか。
もっと島を外国にPRして、お客さんを迎えられたら嬉しい。」


「望むところですぞ!(超展開ラッキーw)」

「そしたら、今日は島のいいところたくさん連れて行くから、是非写真を撮ってupして欲しい。」





という展開で、ずっとエロマンガ先生を読んで過ごすつもりが、David(63)自らの案内で急遽島の探検に出かけることになった。

Davidは短剣を装備して、冒険モードやる気十分!


P_20180502_102546_BF.jpg
そして、長老を連れての散歩が始まったが、昨日の一人歩きとは全然違う。

P_20180502_102154_vHDR_Auto.jpg
P_20180502_105536_vHDR_Auto.jpg
P_20180502_102833_vHDR_Auto.jpg
島の人たち皆に様子を聞いて回ったり、集まってきて写真を撮るように声かけたり。





まさに現地指導。

P_20180502_102918_vHDR_Auto.jpg

P_20180502_105655_vHDR_Auto.jpg
で、一緒に写真撮って貰うんだけど・・・David、写真下手すぎです

Davidに撮ってもらった写真は残念ながら・・・残念行き。





「子供達の笑顔がいいですね。プレゼントも持ってきています。」

「じゃ、学校へ行こう。」

「いいのかよ・・・w」



P_20180502_104551_vHDR_Auto.jpg
ここは学校だ。

P_20180502_104523_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ島には、英語の学校とフランス語の学校が並んでる。


みんなどっちも勉強するんだ。


(じゃ何で分かれてんのw)











集落には子供達がたくさん。
Davidのかけ声でみんな集まってきた。
都市部や観光地と違って、子供達は外部の人と接する機会がない。
とてもシャイだ。
本当に行儀のいい子供たちだ。




P_20180502_101937_vHDR_Auto.jpg
David「ここは病院だよ。ちょうど医師も来てる。隣は産科の分娩室だ。」


俺「昨日蚊に刺されて、野犬もたまにいるけど、病気大丈夫ですかね。」


医師「ここは蚊も犬も安全だよ!刺されてもすぐ治るよ!」

(ヤバいwww)

P_20180502_101952_vHDR_Auto.jpg
大胆な診療単価。



DSC01757.jpg
やがて道なき道から藪の中へ、Davidは何の躊躇もなく進んでいく。

「つい最近タイフーンが来て、草が伸びきってる。」

手の短剣で草をなぎ払いつつ、道を作って先へ進む。

先へ進む。先へ・・・先へ・・・。

「・・・ここ、村の近くの牧場じゃね?あの牛昨日みたぞ。戻ってね?」

「ああ、間違えた、引き返そう。」

・・・案内役すげぇw



で、先にはまた牛がいる。

「我々は狩りをするんだ。みんなで一斉に剣をもって獲物を狙う。すごい迫力だぞ。一度見せてやりたいよ。

「・・・David、あの牛こっち近づいてくるよ?」

「大丈夫だ。牛は持ち主がいてちゃんと飼育されている。問題ない、いくぞ。

「でもあの牛、明らかにこっち向いて威嚇してね?俺は怖いよ。

「大丈夫・・・あ、こっち向かってきた?止まれ!▽×☆彡! 逃げよう!

「確かにすごい迫力だよ!半端ねぇ!」


「んもーー!(牛の咆哮が島中に轟く)」





David「場所を変えよう。川へ連れて行ってやる。とても綺麗な川だ。島のみんなはそこで泳ぐんだ。気持ちいいぞ。」

またまた藪道を短剣で切り開きながら進んでいく。

もう短剣よりカマの方が良かったんじゃないかと。

その剣、戦えないよ・・・


ハイビスカスとバナナ、レモン、ライム、謎フルーツがたくさんの藪を進む。
どうも藪にも持ち主がいるようで、菜園にしているらしい。
勝手に取ると怒られるかも知れない。


P_20180502_105917_vHDR_Auto.jpg
そのうちに川の音が聞こえて、今度は本当に川に着いた。


P_20180502_121230_vHDR_Auto.jpg
ここは水が綺麗だ。草刈りしてるから泳ぐといいよ。
(水着もタオルも持ってない・・・)




全裸で泳ぐ。気持ちいい。








Davidもだいぶ疲れたご様子なので、そろそろ村に帰りましょう。
(島のいいところ、何か紹介できたのかしらw)



P_20180502_162251_vHDR_Auto.jpg
Davidがパーティにいるおかげで、島のみなさんとたくさんお話が出来ました。
(これ洗濯してるらしい…これじゃボロボロになるよw)




この島で携帯電話が使えるのは、これがあるからなんだって。
受信できるのはわかるが、どうやって送信してんの・・・









P_20180502_164222_BF.jpg
島の中で「Erromango」の名前が書かれたモノを見つけるのが難しいのです。





で、夜。


孫が一人首都から帰ってきた。

歳は21歳。

ラジオと携帯2台持っている。

ラジオにブルートゥースで接続してるのだと。

電気のない島でBluetoothという単語を聞くとは思わなかった。





彼はスマホに入ってる音楽をラジオで聞かせてくれた。

「これバヌアツで人気の音楽。」と。

ラテンでもポップでもない、比較的スローテンポな音楽に二人で聞き入る。


で、こちらもJ-Popを紹介しようと。

俺が普段使わないBluetoothの設定に戸惑っていると、彼は俺のスマホを持ち出して、ささっとペアリングする。

エロマンガ島の若者はiOSもAndroidもBluetoothも簡単に使いこなす。


そして...

adrenaline.jpg
エロマンガ島にTrysailsが流れる瞬間がやってきたのです!

C9d0VTRVoAAlDzb.jpg
Yeah!







エロマンガ島のガジェットレベルは案外高い。

明日は島民の携帯チェックの旅に出かけることとしよう。



エロマンガ島現地指導~1日目
エロマンガ島現地指導~2日目
エロマンガ島現地指導~3日目
エロマンガ島への行き方

twitterまとめ記事
1日目
2日目
3日目

togetterまとめ
https://togetter.com/li/1224374
2018-05-08(Tue)

エロマンガ島現地指導~3日目

P_20180503_092932_vHDR_Auto.jpg
エロマンガ島3日目。


日本からたくさん質問が来ていたので、それに一つずつ答えていただきました。


P_20180503_100503_vHDR_Auto.jpg
推しはこっち!


で、昨晩bluetoothスピーカーがやってきたので、朝からオタ芸の稽古。
(俺も今イチわからないけど、エロマンガ先生の音楽流して適当に。)







みんなスマホの扱いには精通していて、写真を見せてくれとねだってきます。

iPadには世界中で撮った写真が入ってるので、それを見て都市を当てるクイズなども。

結構いろんな都市を知っていらっしゃる。



P_20180503_101932_vHDR_Auto.jpg
iPadを置いておくと、すらすら操作して禁断の1号写真フォルダにたどり着かれたり。







P_20180503_113134_vHDR_Auto.jpg
島の人にも使ってる携帯を見せて頂きました。


P_20180503_112928_vHDR_Auto.jpg
HTCなら名前だけ知ってる。


P_20180503_113034_vHDR_Auto.jpg
よく見てるサイトを教えてもらったけど、外で画面を撮るのは難しい・・・




P_20180503_114424_vHDR_Auto.jpg
飛行機の時間が変更で早まって、ランチを待たずあのトラックの荷台に乗って空港に向かうことに。



P_20180503_121036_vHDR_Auto.jpg
他にも車いるじゃん!!


















お世話になった島民のみなさん、本当にありがとうございました。

また日本からたくさんの人が訪れることを願っています。


3年ぶりにブログを書きたくなる現地指導となりました。

帰国前にあちこちのまとめサイトに取り上げられていましたがw



togetterに関連ツイートを丁寧にまとめて頂きました。




台湾のサイトにも。




エロマンガ島現地指導~1日目
エロマンガ島現地指導~2日目
エロマンガ島現地指導~3日目
エロマンガ島への行き方

twitterまとめ記事
1日目
2日目
3日目
2018-05-04(Fri)

05/03のツイートまとめ

kelog21

エロマンガ島の住民に何か聞きたい事があったら朝までにリプどうぞ。日本に興味持っていただけたようなので、聞けたら聞いておきますわ。#エロマンガ島日記
05-03 00:25

おはテポドン。
05-03 05:56

Very few 20人以下じゃね、と。RT @maahai8000: @kelog21 これまでエロマンガ島に来た日本人の数
05-03 05:59

とても忙しそう、旅行してみたい、と。RT @gvsg359400mgs: @kelog21 日本に対するイメージとか聞いてほしいっす!
05-03 06:00

みんな両方を学ぶそうです。RT @yuchn_: @kelog21 先程、フランス語と英語の部屋なんてツイートをされて居ましたがあれは片方選択なのか否かを知りたいです
05-03 06:00

レディは好きだ、と。RT @koietan: @kelog21 皆さんはスケベニンゲンですか?
05-03 06:01

首都に行きたい人、漁師になりたい人、色々いる。世界を旅してみたいって。RT @black_ryu13: @kelog21 島民のみなさんは将来何がしたいのか、を知りたいです
05-03 06:06

こにちは、ありがとござます。程度wRT @neetchicken777: @kelog21 どんな日本語知ってるか聞いてみてください
05-03 06:06

行ってみたいって。日本に興味持って頂けました。RT @toshikazu0830: @kelog21 日本に行ってみたいかどうか知りたいです
05-03 06:08

Pretty. RT @mitama_: @kelog21 で、実際に現地島民の萌え表現への反応ってどうなんでしょう?写真見る限りは好意的なようですが、
05-03 06:10

more...

2018-05-03(Thu)

05/02のツイートまとめ

kelog21

おはテポドン。
05-02 05:36

エロマンガ島にエロマンガ先生を寄贈。"Her name is Eromanga! Eromanga in Erromango!"で超ハイテンション。ここはきっと多くの旅行者が訪れるであろう。 https://t.co/B0siLkckZl
05-02 06:54

ここはエロマンガ島のwowo GuestHouseと言うゲストハウス。オーナーはDavidさん。 https://t.co/mly2VJvuCN
05-02 07:00

エロマンガ島現地指導。 https://t.co/76VHU1dzXL
05-02 08:35

めっちゃウケてるwwwエロマンガ島をもっとPRして欲しいと。やったるでー!
05-02 08:37

昨日全部で200万以上ツイートにアクセスあったと見せたら、オーナーやら隣村の長老やらきて、是非エロマンガ島の親善大使やってくれとwww今からエロマンガ島のいい所紹介するよ! https://t.co/kHt0tva7Jp
05-02 08:41

こんな綺麗な川で全裸で泳ぐ先軍の総書記。 https://t.co/9GQeBHvDxK
05-02 09:40

エロマンガ島のいいところ見せてやるよ,と言って,藪で迷い牛におそわれ襲われ川でコケる案内役の長。 https://t.co/2sGLmlW23O
05-02 09:48

エロマンガ島で潮騒を聴きながら何も考えずに寝る。こんな贅沢がありますか!? https://t.co/1pqoC8Drn6
05-02 10:33

原住民のいる発展途上地域と先進国ではまるで違いますわ…子供に声かけたら喜ばれる国と警察呼ばれる国の違い。https://t.co/cUlgqRuIKKRT @nemurineko4989: 同じ様な試みをオランダのスケベニンゲンでやるとどんな絵面になるのか興味あります
05-02 10:43

more...

プロフィール

kelog

Author:kelog
属性:平壌の虹原を歩くリア充

マチュピチュ with あずにゃん

「ガンと闘う日記」
2006年7月6日、大腸ガンの結腸摘出手術を受けました。当時26歳。
進行度はステージ2(0~4の真ん中)で幸い他臓器転移は無し。
リンパ節への転移もなかったけど、リンパ管の一部からガン細胞が発見されたと病理検査所見あり。

2011年7月16日、無事5年が経ち完治。

kelog2000 Gメール
kelog2008 youtube
kelog2010 twitter
kelog2012 skype
kelogbook facebook
kelog中央放送 Ustream


持ってる資格
第一級アマチュア無線技師
総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者
初級システムアドミニストレータ
危険物取扱者乙種4類
無軌条電車運転免許
モールス電信技能認定1級

11syu2.jpg
運転免許証



本籍(暦) 現在「南鳥島」
北海道紗那郡紗那村大字紗那村字シャナ1番地
北海道択捉郡留別村大字内保村字十五夜萠333番地
北海道根室市水晶島ヲワタラウス1番地
北海道根室市志発島湖島ワッカ1番地
北海道根室市多楽島カカマ1番地
北海道根室市勇留島ポントロモイ1番地
北海道根室市秋勇留島ヲダモイ1番地北海道蘂取郡蘂取村大字蘂取村字ヲワタリ7番地
北海道国後郡留夜別村大字留夜別村字ヒロク濱中アカンコロベ1番地
北海道国後郡泊村大字米戸賀村字オタトミ6番地
北海道色丹郡色丹村字シャコタン7番地
島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地
沖縄県石垣市字登野城2392番地
(↑尖閣諸島・魚釣島)
東京都小笠原村硫黄島
東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地
東京都小笠原村沖ノ鳥島2番地
東京都小笠原村南鳥島

沖縄県石垣市字登野城2392番地←イマココ!


helogo2.jpg


当サイトはリンクフリーです。
横幅1280px以上。

メインコンテンツ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近の記事
月別アーカイブ
RSSリンク
やる気
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
20位
アクセスランキングを見る>>
どうしてこうなった
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
♪算数の宿題♪
赤い部分の面積を求めてね♪(1辺=a) わかったらコチラへ♪
POS
\(^o^)/
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
密林。
俺様的今期ランキング
干物妹はうまるちゃん プリズマイリヤ2 のんのんびより りぴーと Working!! アイドルマスターシンデレラガールズ2nd 下ネタという概念のない世界 GATE 奥様は生徒会長 ワカバガール ミス・モノクローム うーさーその日暮らし
アニメログ
これまで見たアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。